寝言

今朝、「その豚肉食べちゃだめー!」という自分の寝言で起きたゆきぴゅー。現実を知ったとき、とても悲しかったです。見ていた夢をはっきりと覚えているのですが、これまたかなりのサイコホラーなんですの。

『豚夢あらすじ』

私たちが普段食べている豚肉は、というか地球上の豚は、どれも自分の身近にいた人間である。親であり恋人であり、上司であり、はたまた先生であり。しかしそれは姿が豚に変わった途端、残された人の記憶からはその人物が存在していたことが自動的に消えてしまうため、人は平気で豚しゃぶとか食べられるというわけのわからない世の中。そんな衝撃の事実をゆきぴゅーが誰よりも早く発見して、それはノーベル賞モノのハズなんですが誰も信じてはくれません。そんなとき、誰か(思い出せない)が、誰か(思い出せない)だった豚を食べようとしている現場を発見してしまったゆきぴゅーは大声で叫びながらそれを阻止しようとしたが・・・(ここで目が覚める)

こんなわけのわからない夢で起きた直後に冷蔵庫を開けて飲んだ牛乳。
「へんな夢を見たから牛乳もマズイですわ」と寝ぼけた頭で思ったのですが、よく見たらそれは賞味期限を4日過ぎた牛乳で、1時間後、激しくお腹がくだりました。

どこか病んでいるのでしょうか

スタグラの「ゆきぴゅーのタダでごはん」が更新されていますのー。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (8件)

  • 「千と千尋の神隠し」が夢の中でアレンジされたのでしょうか?
    牛乳はつらいですね.お大事に〜

  • cattleさんへ

    そういえば「千と千尋・・・」は両親が豚さんになっちゃいましたわね。夢ってどこからくるのかとっても不思議ですわね。それにしても今更新したばかりなのに、すばやいコメントありがとうございますですの。うれしいですわ~。

  • 子供の頃、セイカノートの表紙裏に「ネギを植えた人」という物語のあらすじが書かれていたことがありました。

    古代の中国では、人が牛に見えてしまうため、共食いが尽きませんでした。しかし、ネギを食えば人が牛に見えることがなくなると聞いたある男が、多難な旅の末にネギを手に入れました。男はネギを植えましたが、そのネギを友人知人に食べさせる前に、牛と間違われて友人知人に食われてしまいました。男はいなくなりましたが、友人知人は男が植えたネギを食って、初めて真実を知り、以後、ネギを大量に栽培して、中国では共食いが止みました。

    私が小学生の頃の話ですので、かなりうろ覚えですが、ゆきぴゅーさんの夢と似ています。不思議です。

  • むかしむかし、天外魔境2というゲーム(今は亡きPCエンジン上のゲームでした)にそういうネタがありました。
    とある教団に騙されて入団した人が、すべて豚に変えられてしまいました。命からがら教団から脱出に成功し家族のもとに逃げ帰った人々も、豚に変えられてしまったがために人間と気付かれず、逃げた先の家族においしく食べられてしまいました。しかも、ボスを倒すと豚になった人は元に戻るのですが、食べられちゃった人は当然元に戻らず、食べちゃった人に精神的なダメージを与えて放りっぱなし(つまり救済策なし)、という大変衝撃的な内容でしたよ。
    子供のころやった人は、すごいトラウマになったんではないかと思います。

  • いい夢ですねぇ(笑)
    毎日夢を見る私にとっては、変な夢も普通の事だけど・・なかなかその夢は完成度高いですわよ(^^)v

    人間が豚になるって話で「ウンタマギル」という映画(邦画)を思い出しましたわ。
    沖縄が舞台で妖艶な女性が夜になるとピンクの豚になりますのよ。
    ちょっとシュールな感じもする映画でしたわ。
    是非レンタルでご覧あれ♪

  • 藤の写真コンクール、残念だったねぇ・・・
    ところで、できあがりの写真を見るだけで、デジカメの作品かどうかってわかるものなのでしょうか?それとも写真とフィルムの両方提出とか?素人のさや吉は、写真を見ただけではわかりません。

  • 恐らく、デジタル写真がダメというのは、デジタルのデータのままで応募するのはペケということだったのでしょうね。

    写真屋さんで四つ切りにプリントしてもらい、それを応募すればOKだったと思いますよ。

コメントする

目次
閉じる