井上虫歯二本さん

はとバスツアーの後、東京駅構内のごはん屋さんがいろいろあるエリアで博多ラーメンの『うま馬』というお店に入りましたの。そのお店の横にトイレがあって、カンタが「おしっこ行きたい」と言うので「言っておいで」と促すと、なんとそこは有料トイレ。大都会・東京では珍しくない光景ですが、有料トイレというモノの存在を生まれて初めて知った少年は、「えー?!なんでトイレに入るのにお金要るの?!」とえらくびっくりした様子なんですの。すると、その声を聞いていたラーメン屋のお兄さんが「トイレ行くならこれあげるから使ってね」と、その有料トイレで使える専用コインを2枚下さいました。ピカピカに輝く黄金のコインですの。
兄の尿意に妹も反応したのか若菜ちゃんも「わたしもおしっこ」というのでゆきぴゅーが付き添いでついていくことに。トイレの扉にコインを投入する口があって、そこにカランと入れると扉が開く仕組みなのですが、カンタはまるで秘密の宝箱を開けるかのように嬉しそうな顔をしながらコインを入れておりました。オトコもオンナも無事用を足して店内に戻りラーメンをすすっていると、

「なんかボク、またトイレ行きたくなっちゃったなぁー」

「ウソー、コイン触りたいだけでしょ!?早くラーメン食べなさい」

とママに指摘されると、

「・・・う~ん、、、(ゴニョゴニョゴニョ)」(←図星)

しばらくして、

「ねぇゆきぴゅー。あのコインってもらえないかなぁ。ボク、欲しいんだよぅ」

「えー、でもあれってお金と一緒だから無理なんじゃないですの?お店に来てくれたお客さんに使って下さいって渡しているんですのよ」

「そっかぁ、、、でもあのお兄さんに聞いてみようかなぁ」

「優しそうなお兄さんだったから、もしかしたら1枚くらいくれるかもしれないですわね。お会計の時に聞いてみたら?」

こういう時、人見知りをしない子ってトクですわよね。ママがお代を払っておつりをもらうのを見届けた瞬間、レジ前に積まれているコインの山を指差して、

「あのー、これって一枚記念にもらえますか?」(>何の記念だよっ)

すると、さっきのお兄さん、

「いいよ!持っていきな。ハイよっ!」

と言ってくださるではありませんか。

何でも言ってみるものです、聞いてみるものです!しかもカンタの顔に(出来たらもう一枚欲しいなぁ)と書いてあるのをスルドク見破ったお兄さん。ポンっとコインを投げて、「どっちの手に入ってるか?」のクイズを出題するという粋な計らいですの。

「こっち!」

「うーん、残念!でも参加賞であげるよ!ハイッ!これ持ってまた来てねー!」

「ありがとうございます!絶対また来ます」

という、微笑ましいやりとりがあったのでした。コインを触りながらあまりに嬉しそうな顔をしているので、お店の前で記念写真撮ってあげるですわとカンタに言うと、

「あのー、よかったら一緒に写真撮りませんか?」

とコインのお兄さんに声をかける9歳児、そしてサービス精神旺盛のお兄さん。これが記念写真。

また行きます!

するとお兄さん、何を言うかと思ったら、

「ついでだから言っちゃうと、ボク吉本芸人なんですよ」

「ぇえー?!そうなんですか?!」

「“井上虫歯二本”っていうんですけど。こんなところとかに載っているから今度よかったら見てみてねー」

そう言って雑誌をパラパラっと見せて頂いたのですが、どういう雑誌だったか忘れました。何はともあれ、芸人さんと言われてミョーに納得のノリというかテンポというか人当たりの良さというか、、、しかもなかなかイケメンさんでしたわよ。TVでいっぱい顔を見られる日が来るといいなぁ。井上虫歯二本、井上虫歯二本、井上虫歯二本と呪文のように頭のなかで唱えながら帰路についたのでした。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (5件)

  • 井上虫歯二本さん☆ラーメン屋さんのお兄さんにしては素敵だなぁ~と思ったら(笑)
    芸人サンだった!コイン、カンタのお気に入り財布に入れてあるよ。
    今度また行きたいお店になったわ~。

  • とんさんへ

    すっかりお返事が遅れてごめんなさいですわー!
    鉄道ネイルなんて初めて聞きました。面白そうですわね。
    でも最近、女子鉄が多くなって来てますわねー

コメントする

目次
閉じる