雪フル夜に

 甥っ子カンタ(3)のパパ(よ~するに義理の弟)はプログラマーさん。職業柄、かなりの“パソコンオタク”なんですの。
時々ゆきぴゅーもPCのことで助けてもらう心強い味方なんですが、そのカンタパパ、PCデポから来たチラシで、本日29日の目玉商品(インターネットが見られる32インチ液晶テレビ?展示品一点限り129,700円)をゲットするために、昨晩23時から毛布持参で並んだそうな。きのうは会社の忘年会で遅くなってしまうからと、現在妊娠4ヶ月のカンタママに、
「悪いけど先に行って並んでおいて」とお願いしたところきっぱり断られたそうで(当たり前)、忘年会を途中で抜け出して長期戦に挑んだそうです。カンタママは年末に風邪をひかせちゃいけないと、毛布のほかにもホッカイロや、厚手の靴下3枚、ももひきを持っていってはかせたらしいのですが無常にも長野は深夜から雪がちらつく真冬日。
夜が明ける頃は凍死しているかもと思ったそうですが本人の意思を尊重して置いてきたそうです。
吹きさらしのお店の入り口でそれから朝まで本人は何をして過ごしたのでしょうか、、、。きっと“朝10時まであと何時間、、、、”と時計を見ながら呪文のように唱えていたに違いありません。
 そして本日特売日。日が昇っていよいよ開店の時間~!と思ったら10時を過ぎてもいっこうにお店が開かない、、、。
おかしいなと思ったホームレスパパは、平日はオープンが11時とわかって大ショックっ。しかしそこは最後の気力で残りの一時間を乗り切って、めでたく1台限りの商品をゲットできたそうですの。パチパチ~。結局ほかには誰も並んでいなかったそうで、開店の時間に行っても大丈夫だったんじゃないかというツッコミは禁句になっているそうですわ。
しかも雪でびちょびちょになった毛布のクリーニング代がバカにならないとカンタママがぼやいていました。これって勝ち負けでいったら・・・・
○○???

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる