モダン・パラダイス

kakikata今週末までだったので当たったチケットで東京国立近代美術館「モダン・パラダイス展」に行ってきましたの。ゴーギャンの有名な裸婦の絵とかモネの睡蓮とか、率直な感想を言えるものがあるいっぽうで、絵の具を塗りたくっただけ(に見える)ものや、“これってまだ描きかけですわよね???”と首をひねりたくなるものもたくさんありました。モダン、なので仕方ないんでしょう。
しかしながら、日本の画家さんの作品と外国の画家さんのわざと「似たような作品」を並べてあったりとなかなか興味深い配置になっていたのはよかったと思いました。ゆきぴゅー、ちょっと油絵に挑戦してみたくなりましたの。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる