MENU

漫画な日々

ただでさえ狭い部屋をこれ以上狭くしたら寝る場所がなくなりそうなので、最近はもっぱらkindleで漫画を買ってiPadで読むようにしているゆきぴゅーですが、困ったことに無料になっている1巻を読んでどうしても続きが読みたくなって中古の紙の本で全巻ポチっとしてしまい、本末転倒どころかより一層部屋を狭くしているという意味不明な状況なのですがこれはどうしたものでしょうか。

そんな中、せんだっては吉田基已さん作『夏の前日』の1巻(無料)を読んだらまんまとその世界観にハマってしまい、その後2~5巻を買って一気読みしましたの。読み終えてもずっと切なくて、ドキドキして、胸がきゅーんと痛くって、まいりました。作者の吉田さん、素敵な漫画をありがとうございました、おかげで頭が冴えちゃって全然眠れませんわ、、、と朝の5時に布団の中で悶々としてしまいましたの。

とっくにアフタヌーンでの連載も終わっていて、単行本も最終巻が去年出ているよう漫画なのでリアルタイムで読んでいた方々からしたら今更感たっぷかもしれませんが、めぐりあえて良かったと心から思った作品でした。主人公の晶さんのアンティーク着物の着こなしが素敵なんですの!京都在住らしい作者さんも普段お着物着ているのかしら。

 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる