タイのにほんご~其の弐

 サムイ島で見つけたマッサージ屋の看板ですの。新しいフォントかと思いました。


お、の点がないですの。下のにはあるのに、、、。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 「タイの日本語」面白いですね。現地ではアレレッと思っても見過ごしてしまいますが、丹念に拾って歩くとこうなるんですね(感心々々)。昔、イタリアの小さな町にしばらく滞在していたことがあります。空手をやっているビザ屋の若者がいて、私が行くと必ず大きい声で「オス!」と挨拶する。そのうち漢字をデザインしたTシャツを何枚か持ち出してきて「なんと読むのか、どんな意味か」と聞いてきました。ところがどの漢字も簡単な漢字を適当に組み合わせた物で読みようがない。「こんな文字はない」と教えてあげると怪訝な顔をしていました。今思うとあのTシャツを写真に撮っておけば良かったなあ。しかし、フィルムの時代だったからあまり無駄取りはしたくなかったのでしょう。今ならデジカメでパッパッと撮ってしまうところですが。

  • デジカメはそういう時メモ代わりに使えるので本当に便利ですわよね。サムイ島でも後ろに「狂」と書かれたTシャツを着ている西洋人がいましたわ。狂っちゃってるんでしょうか。

  • 数年前にラスベガスに行ったとき、看板に「コンビニ」とカタカナで書かれた店がありました。ここでおむすびを買って、某ホテルの玄関前の広場でほおばっていたら、ドアマンのおじさんに

  • なぜか引用符を入力するとおかしくなりますね。表示されなかったところを再度記します。某ホテルの玄関前でほおばっていたら、ドアマンのおじさんに「Dinner time?」と声をかけられました(^_^;)。

  • 看板にカタカナで「コンビニ」と書いてあったから、多分コンビニだったんでしょうね。おむすびも売っていましたから...。

コメントする

目次
閉じる