狂言でござるですの

kyougen お友達のマサミから狂言のチケットを1枚もらったので観てきました。
ゆきぴゅーは狂言の鑑賞は初めてだったのですが、まず国立能楽堂のすばらしさに感動いたしましたの。
おなかがぐうぅと鳴ったらはずかしいので、始まる前に喫茶店で山菜うどんを食べたのですが、味はサービスエリア並みでした。
観たのは、野村萬斎さんと、その息子の裕基くんと、萬斎さんのおとうちゃんの万作さんの舞台ですの。4歳?5歳?
の野村裕基くんはそれはそれは堂々とした演技で、観客のおばさまたちからの熱い視線を受けていました。客層は90%
が女性なんですのよ。ゆきぴゅーのように一人で来ている人がたくさんいました。吉本を観にいくように、
若い人ももっともっと日本の伝統文化を観にいけばいいのにと思いました。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる