プーシキン美術館展

matisse 上野に行く用事があったので東京都美術館でやってる「プーシキン美術館展
を観に行きましたの。まず、入り口でゆきぴゅーは大きな間違いに気づいてしまいましたの!ずっと
「<strong>プーキシン</strong>」だと思っていたんですの。プーシキン、
プーシキンと呪文のように唱えながら歩いていると横浜在住のイラストレーターるみなさんからメールが。
「とうきょうに出てきているんだけどゆきぴゅーヒマ?会わない?」
わーい。さっそくお返事ですの。
「久しぶりですわー♪おっけーですわー。今、プーシンキ美術館展を見るところですわ。
では○時に○○で会いましょうですわー」
 やっぱりゆきぴゅーには「プーシキン」は覚えられないようですの。
 肝心の美術館展はとゆーと、大盛況で激混みですの。なので、ポスターにもなっているマティスの「金魚」だけを観るつもりでいきました。
「金魚」はかわいい色使いでお部屋の壁ににこんなのがかかっていたらいいなぁと思いました。じぃっと長い間見ていても飽きなくて、そのうち、
金魚がちゃんと金魚鉢に入っているように見えるのはなぜですのー?すごいですわーと感心して
“おうちに帰ったらゆきぴゅーも描いてみるですわ”と思ったので描きました。が、
どうやってもガラス越しに金魚が鉢に入っているようには見えませんの。
 るみなさんとのデート編へつづく。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる