アシタバとか連載更新とか

長野のパパンから夏野菜が到着して、その中にアシタバが入っていたので、さっそく今夜は天ぷらにしてみましたの。「野菜ありがとうですわ~!アシタバは天ぷらでおいしく頂きましたわ~」とメールしたら「それはよかった。でもそれはアシタバではなく、モロヘイヤです」と言われたゆきぴゅーです、こんばんは。あああ。どうりで苦味が無いなと思いましたわ。

さて、今週水曜日に更新された連載更新のお知らせです。←遅っ。
今回のグルメ隊は、松本の山賊焼きの巻です。これはかなりおいしかった!今すぐにでも飛んでいって今度はビール飲みながらかぶりつきたいです。カーウォッチさんのお仕事はドライブネタなので当たり前だけどお酒のお話はNGなわけです。でもいろいろ食べ歩いていると「これは酒なしってありえねー!」ってのがあって(大半はそう)、そういう時ゆきぴゅーは「次は絶対にプライベートで来てやるー!!!」と固く心に誓いながら帰ってくるんですの。山賊焼きはまさにそんなお料理でした、ハイ。

ところで、西日本でも山賊焼きってあるみたいですがビミョーに違うものらしいですわね。えぶりでぃ読者の方でご存知の方、いらっしゃいますか。

タダでごはんは、いつの間にか肩書きに猫写真家が付いていた荻窪圭さんと一緒に熱海ラブラブ温泉旅行、ではなく猫撮影の巻ですの。よく考えたら別に荻窪さんって顔出しNGではないのに、どれも後ろ姿ばかりでしたごめんなさい。荻窪さんもASCII.jpの猫連載『這いつくばって猫に近づけ』で書いていらっしゃるのでどちらもお読み下さいませね。ゆきぴゅーはどうやら古いお友達、らしいです。いつくらいからが新しいお友達なんでしょう。

実は今回さすが荻窪さんだなーと感心したことがあって、それはこの熱海猫撮影のこと、ゆきぴゅーはタダごはの一回で書いちゃってるけど、荻窪さんは数回にわたって書く(らしい)ってこと。“熱海猫撮り紀行その1”ってなってますものね。うーん、たしかに一回で終わらせるにはもったいないロケでしたわ~と、そんなことを尊敬するライターの先輩に学んだ有意義な熱海だったのでした。

駅弁撮影大会

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる