ペリカンのパン

浅草田原町にある『パンのペリカン』のパンをついに食すことが出来ました。たしかアド街ック天国で紹介されて知って以来、ず~っと気になっていた東京では超有名なパン屋さんなんですの。わざわざ浅草まで行かなくてもいわゆる“おとりよせ”が出来るのですが、一回目はどうしてもお店で買いたい!と思っていたゆきぴゅーを、先日、ノグチヒデヨさんが連れて行ってくださいました。

その日お店は連休明けでとっても忙しかったみたいで、午前中に行ったのにもかかわらず「小さいロールパンと食パン一斤ずつでしたら午後焼き上がる分でよろしければ」と、二人ともギリギリセーフの注文をすることができましたの。夕方取りに来ますと言ってそれから数時間、これまた人生初のかっぱ橋道具街散策でアドレナリンを流出しまくったゆきぴゅーは、気づいたら業務用のでっかいカレー粉とカレーホットなる未知の調味料などを買い込んでおりました。合羽橋はとてもキケンな街でございます。そして、なまじ料理の世界に携わっている人と一緒に行くと、いろんなことを教えてもらえちゃって片っ端から買いそろえたくなるからヤバイです。

でもって話はパンに戻りまして、、、、夕方無事にゲット出来たロールパンと食パン。電車の中ではほんのり芳ばしい香りがして、開けて食べたい衝動に何度も駆られながら家路につきました。
おうちに帰って正座して、まずはロールパンをパクリすると、、、「おおおー!スーパーで売ってるロールパンにはないもちもち感ですわーーー!!!」と感動。食パンはトーストすると耳がおいしくて、特に一番端の全面“耳”の部分は最高です。
素朴で飽きが来ないペリカンのパン、遠方の方もこちらから買えます。 ゆきぴゅーは甥っ子や姪っ子に食べさせたいなと思っていますの。

小ロール
包みもレトロ感あってかわいいですの。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 耳の美味しいパンはいいよね、朝から幸せでした。
    合羽橋とともに喜んでもらえて良かったです。
    そう、気になるのはカレーホットの感想ですが。

    追伸:ゆきブーはいずこに…一応無事なのでしょうか。

  • ノグチさんへ

    カレーホット、カレー作ってないのでまだ使っていませんの。
    ゆきブーは戻ってきました。しかしゆきぴゅーはまだ警戒心ありのようですの。

コメントする

目次
閉じる