テツ男ことカンタ(5)がこの間「ゆきぴゅー、おたんじょうびおめでとー」と電話をくれましたの。きっとママがしてあげなさいって言ったんですのね。
だとしてもうれしいですわ~
「ありがとう~!かんちゃん」
すると、すかさず
「ゆきぴゅーなんさい?」
(そ、そんなにストレートに女子の年を聞くものじゃないですわよ!)と思いつつも、
「なんさいだと思うー?」
と大人な対応をしたら
「6さい」
と即答。がーん。

とりあえず自分よりは上だろうという意味で6歳なのか、ゆきぴゅーに興味がないのか、歳の概念がまったく理解できていないのか、それとも本気でレベルが一緒だと思われているのか。さてどれでしょう。

さやかちゃんにもらった花束にはいっていました

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (9件)

コメントする

目次
閉じる