MENU

あけぼの子どもの森公園に行って来たですの

以前からずっと気になっていた埼玉県飯能市にある『あけぼの子どもの森公園』に行って来ました。実はここ、通称“ムーミン公園”とか“ムーミン谷”などど言われていて、ムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんの童話の世界を再現しているということで人気の公園なんですの。去年くらいにインターネットで知った時に、晩秋の真っ赤に色づいたメタセコイア並木に囲まれた写真がとっても素敵で感動して、ぜひともこの季節に行ってみたいと思っていたのでした。
そんなあけぼの子どもの森公園、最寄り駅は西武池袋線の元加治(もとかじ)駅。飯能駅のひとつ手前で、池袋からは約45分です。
人が少ない朝イチを狙って行ったので8時半に到着したのですが、駅に降り立つと思っていた以上に寒いっ!ひゃ~!

akebono1

元加治駅からは徒歩で20分くらい。DSC_0014_1

着きました。おおお!メタセコイアの紅葉が朝日の逆光で輝いてとっても美しいですわ~!
この童話に出てきそうな建物はパンフレットによると、、、何にも書いていない!園内マップを見ても、、、何も書いていない!(笑)
ウィキペディアによると、ムーミン屋敷と名付けられたとか書いてあるけど、、、。

DSC_0051_1

公園内には小川がありましたが、季節なのか?流れてはいませんでした。夏は川遊び出来るのかな?

DSC_0306_1

うろこの家っぽい、青くて可愛い家は『水あび小屋』だそうです。DSC_0315_1

中に入ることができますの。

DSC_0321_1

窓枠を額縁っぽく。

DSC_0327_1

それにしても一面赤茶色の世界。ちなみにホワイトバランスは晴天日陰をチョイス。これが一番しっくりきたので。

DSC_0140_1

さすがに朝9時に公園に来る家族連れはいなくて、一眼レフを持ったおじさまが一人だけいました。

DSC_0165_1

落ち葉のじゅうたん、ふかふか。

DSC_0205_1

おもしろい橋!これは『見晴らし橋』だそうです。
中に入ってみると、穴が空いていたのでそこにレンズを入れてパチリ。

DSC_0216_1

ところどころにあるベンチ。何かに似ているといえば似ているモチーフが。

DSC_0242_1

これは『森の家』。1階はトーベ・ヤンソンさんの資料展示コーナー。2階は図書コーナー。木のぬくもりいっぱいの素敵な場所ですの。

DSC_0244_1

さっき通ってきた見晴らし橋。丘陵沿いの自然にしっくり馴染んでいていい感じですの。

DSC_0271_1

メタセコイアは和名で曙杉。あぁ、だからあけぼの子どもの森公園なんですのね!

DSC_0305_1

飯能市は2年後の2017年に『Mestsa メッツア』というテーマパークが宮沢湖畔に完成予定と発表していますわね。なぜ飯能=ムーミンなのかよくわかりませんが、こちらも楽しみ。

DSC_0269_1

そうそういい忘れましたがこの公園、なんと入場無料。乗り物があるわけでもなく、レストランがあるわけでもないですが、のんびりお散歩するだけでもとっても気持ちがいいと思いますの。南東側が丘陵ということもあり、この時期は太陽が高くならないと陽が当たらないのでかなり冷えます。暖かい格好をしてどうぞ。
ゆきぴゅーはこの冬、雪が降ったらまたカメラを持って来てみたいなぁ~と思っていますの(>気力と体力が必要だ)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる