箱根登山鉄道

hakone 本日我が社はめずらしく別行動。お師匠サマはどこかへ撮影に。
ゆきぴゅーは事務所でモデルちゃんの手配やらをやっておりましたの。
浅草のN社におつかいを頼むとのメールがあったので午後になって電車で向かっておりましたらお師匠サマから一本の電話。

「その足で小田原に来て」
「・・・。」
キャー、またですわ。でも行くしかないですわ、業務命令ですもの。
東京駅に向かって東海道本線に乗り込むとなにやら新橋駅で信号機の故障とかなんとかで40分も足止め食らって、
それでも7時頃には小田原に着いたですのよ。
そーしたらゆきぴゅーの携帯の電池がなくなりつつあってお師匠サマに電話しても出ないしメールも来ないしどうしましょう、
とオロオロしていましたらそこへ一本のメール。
「そこから箱根登山鉄道に乗って強羅まで来て」ですと。
は、はこねとざんてつどう・・・ってどこにあるですのぉー?きょろきょろしながら駅員さんに聞いたらちょうど強羅行きが今出ますよ、
と言うではありませんか。一時間に2本しかないその一本に滑り込みで乗ってネコバスみたいなかわいい電車にゆられること50分。つ、
着いたですわーーー!強羅駅。
 そこには、熱中症にかかって意識朦朧としながら弟子の到着を待つお師匠サマがおりました。お師匠サマのプチ逃亡終わりですの。

 それにしても箱根登山鉄道って楽しい電車ですわ。
電柱や木にぶつかりそうな狭い線路で時々運転手さんが車両の前と後ろに入れ替わって進行方向を変えるですの。
ゆきぴゅーはどう考えても同じ所を往復している気がしてなりませんでしたわ。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる