お肌ちぇっくですの

先日ゆきぴゅーは生まれて初めてお肌測定器?でお肌の角質チェックをやる機会がありましたの。よくTVや雑誌で見るこういうものです↓↓↓

ピピっと一瞬
まず、桶商品(なぜこう変換されるですのー?)じゃなかった、お化粧品売り場のおねいさんから2、3質問を受けました。

「ご自分ではどういうお肌質だとお思いですか?」
「えーと、乾燥肌だと思いますの」
「今現在、お肌で何かトラブルはありますか」
「いいえ、特に」
「承知いたしました。ではまず、手でチェックさせていただきますね」
おねいさんはそう言って、白くてキレイでひんやり冷たいおててをゆきぴゅーのほっぺに当てましたの。すると、
「お、おきゃさま。大変熱いですが、お風邪ひかれてます?」
「いいえ」
「で、では、かなり頬がほてってらっしゃいますね」
「あ、そうですか」
だいたいこのデパートの中が暑すぎるんですわよ、と思いましたが鏡を見ると本当ですわ、ほっぺたが見事にりんご色。仕方ないですわ、信州産ですもの。
「では、いよいよこのお肌チェックマシーンで見てみますね」
ドキドキですわ~
・・・ピピ、ピ。
「はい、出ました。お客様のお肌はオイリーです!(きっぱり)」
「ぇええ?!乾燥肌じゃないですの?!」
「これをご覧下さい。乾燥肌ですとこういう感じで写るのですが、お客様はどちらかというとこっちのタイプなのでオイリー肌ですね」
「あ、そうなんですの、、、。あれ?これ、この黒いのは何ですの?」
「うぶ毛です」
「う、うぶ毛~?!にしては、ちと濃すぎじゃないですの~?!ここ、この辺でしたわよね、どこにあるですのー?その毛はっ!!」

、、、と、結局ミクロの世界に写ったうぶ毛が気になって肌質なんてどうでもよくなっちゃったわけなのですが、後になって冷静に考えたら、熱くて脂っぽくてうぶ毛より濃い毛が生えてるなんて、それじゃまるでオヤジじゃん!!!とかなり落ち込んだお肌チェック初体験だったのでした。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (4件)

  • わー、ワタシも同じでした。
    部分乾燥肌で~と言いながらチェックしてもらったら、意外にも「なかなかバランスの良い状態です」という診断が下され、以降は普通肌用を買うように奨められました。
    合格点が出たものの、家にある乾燥肌用お手入れセットはどうすりゃいいの?!と嬉しさ半分。
    初体験のミクロの世界(?)、それも店頭で、とかなりキンチョーしました。

  • meさんへ

    >部分乾燥肌で~と言いながらチェックしてもらったら、意外にも「なかなかバランスの>良い状態です」という診断が下され、

    それはよかったと思うべきですわねー。
    アレ、どういう風に映るかとってもドキドキですわよね。
    女の子は大変でございますの。

コメントする

目次
閉じる