ジャパネスクな一日ですの

kimono1 実はゆきぴゅー、着付けを習っておりますの。センセーは酵素風呂・エステ・
ごはん会などでおなじみのO塚さんでございますの。
 すでに6,7回着付講座が催されたのですが、物覚えの悪いゆきぴゅーは未だに足袋を履くのを忘れたり、肌着の左右を逆に着たり、
とあまり成績のよい生徒ではございませんの。
 先日は初めて着付講座の後そのまま電車に乗り、東京下町散策に出かけましたのよ。
着物散策はゆきぴゅーの夢だったのでとてもわくわくですわ。
 まずは鶯谷にあるお豆腐料理のお店でランチですの。着物でお豆腐料理なんて粋でございましょ?
とってもヘルシーでおいしくてダイエット中のお師匠サマにも是非食べさせたいと思いましたの。
次は近くにあったリサイクル着物のお店をひやかしましたの。O塚さんは「コレは○○○ですわよね?○○帯はどこにありますの?」とか
「これは○○紬ですわね。まぁお安い!」とか専門用語を使ってお店の人とお話していたので尊敬の眼差しで見てしまいましたわ。
ゆきぴゅーも頑張るですわ♪と思ってひとつ質問してみましたの。
「O塚さん、さっきお店で見た裏地が無いやつは“単衣”(ひとえ)と言うなら今わたくしが着ているのは“ふたえ”の着物ですのね?」
と言ったら、
「“ふたえ”とは言わないのよー!!!(爆)それじゃ目ですわ。ゆきちゃん。それは“袷(あわせ)”というのよ」
大失敗ですの。余計なことを言うもんじゃないですわ。
 さてそれから私たちは『竹久夢二美術館』に行って芸術鑑賞をし、汗をかきながらぶらぶら歩き、
ステキな喫茶店で珈琲を飲んで解散しましたの。
 お次は夏の“浴衣でそぞろ歩き”ですわー。参加者募集中ですわ。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる