MENU

昼寝で見た夢のおはなし

どこにも出かけていないので今日昼寝の時に見た夢のお話でも書こうかと思います。

『がんばれ水泳選手』

ゆきぴゅーはどこか遠い南の国に来ていて、なぜかそこで北京オリンピックに出場する水泳選手の練習につきあっています(>コーチ?)その選手はさすが水泳をやっているだけあって肩幅がすごくてゆきぴゅーが「何の種目に出るですの?」と聞いたら「バサロ」と言いました。バ、バサロってあの鈴木大地のバサロ?それは競技じゃねーだろと思いましたがもしかしたら北京五輪から正式種目なのかもと思ってそれ以上聞くのはやめました。なぜその国にわざわざ行くことになったかっていうと、ゆきぴゅーは、ある女の子に「ぜひ行ってみて!わたしそこに住んでいたの!○○選手によろしく伝えて!」と勧められたからです。それを思い出したゆきぴゅーは、その水泳選手に「わたしは○○ちゃんに聞いてココに来たのですわ」と言うと、なぜか隣にいた日焼けしたおじさんが「おお、キミは○○の友達か!また私に会いに来てくれと伝えてほしい。私は彼女に会いたい会いたい会いたい・・・」と懇願するので、それを伝えるために急遽日本に帰ることになったんですの。水泳選手に「頑張ってね。試合はいつなの?」と聞くと「7時か8時」と言いますの。え?じゃもうすぐだね、これだけ練習したんだかきっと大丈夫ですわよ、それじゃわたくしは日本に帰ります、さようなら~さようなら~

■興味深い点■
・登場人物は誰一人として知っている人ではなく架空の人物だったこと
・水泳選手を見て「きたじまこうすけじゃないんだー」と少しがっかりしていたこと
・とにかく暑い国だったこと(事実、汗だくで寝ていた)

毎日汗だく

あまりの暑さで脳が少しヤラれてしまったかもですの。

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 久しぶりにカキコしました。
    夢の話面白いですね・・・でも、夢をこれほどしっかり覚えているなんて、ゆきぴゅーさんの記憶力もすごいです。
    私なんぞ、起きていても昨日のおかずすら忘れてしまうので、夢なんてとてもとても・・・

  • エスサポさんへ

    >夢をこれほどしっかり覚えているなんて、ゆきぴゅーさんの記憶力もすご>いです。

    お昼寝の時に見た夢ってすっごく鮮明な時ってありませんか。
    実はその日、電話の音で飛び起きたんですの。

コメントする

目次
閉じる