リューバ展

丸ビル1階で開催されている、奇跡のマンモス「リューバ」展に行ってきましたの。リューバは昨年5月に北極圏でほぼ完全な姿で発見された生後6ヶ月のチビマンモスで、慈恵医科大でCTスキャンしたりしていろいろ調べるために“来日”していますの。一般公開されるとTVで知って、ゆきぴゅーはぜひとも会いたいですわーと思っていたんですの。

リューバの第一印象は「か、かわいいですわ~」。目がとってもやさしくてまるで笑っているみたいでした。体長2メートルなので両手を広げてギュッとだっこしたくなる、そんなサイズのリューバ。今にも動き出しそうな生々しさにゆきぴゅーの心臓はバクバク、、、。自分と目の前に眠るマンモスとが、3万7000年もの時の隔たりを越えてこうしてガラス一枚越しで対面できていることの奇跡に感動しました。

遊ぼうね

生後半年のリューバはどうしてママとはぐれちゃったんでしょうか。
今晩は、リューバと一緒に草原を走る夢を見られるといいなぁ。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる