MENU

鳥獣戯画がやってきた!

今朝、某弟子入りに行く為に大江戸線に乗ったら車内広告で

『開館記念特別展 鳥獣戯画がやってきた!』

というポスターを発見ですの。えええー!?し、知らなかったですわー。鳥獣戯画が東京に来てるですのー?どこでやってるですのー?今から行きますわー!!!と、かなりあやしい人になってそのポスターの前に突進していったゆきぴゅー。なになに?サントリー美術館か、よし行くですわ!って、それってどこにあるですの?え?東京ミッドタウン?ってどこですの?あ、六本木?というわけで、きたないスニーカーで、クリスマスシーズンでキラキラの(たぶん)東京一輝いてるスポットに、初めて足を踏み入れて参りました。

案の定、巨大なミッドタウンの中で、西へ東へと迷ってやっとこたどりついたサントリー美術館。想像以上の混雑ぶりでした。当たり前なのですが鳥獣戯画は絵巻物なので、普通の絵画展と違ってお客さんはキチンと一列に並んでゆっくりと横移動、途中で列から脱けたり割り込みなんてありませんの。 でもその歩みがあまりにもノロくて、インター周辺は入ろうとする人で大渋滞でした。

甲・乙・丙・丁の4巻から成る鳥獣戯画はとっても楽しくて愛らしくて、あらためて感動。描いた人が不明というのもミステリアスでいいですわね。模本がたくさん存在していること、そしてその模本の写しというものも多数存在することなど、よいお勉強になりました。エコバック付きの公式ガイドブックも宝物になりそうですの。

蛙のまね 
タダごはが更新されました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • サイトが見れなくなってしまい、どうしたのかなと思っていたら、ブログをTOPディレクトリーに移動したのですね。
    ブログは WordPress をインストールして使っているのですね。すごいです!!
    お疲れさまでした。

  • エスサポさんへ

    サーバーをお引っ越ししたので構成を変えてみましたの。
    これからもごひいきに、ですの。

コメントする

目次
閉じる