「日記」カテゴリーアーカイブ

鎌倉古道を歩いてきましたの

お友達の荻窪圭さんがFBで「4月中にやらなくてはいけない仕事が終わったのでGWはヒマだー。ヒマだと死ぬー。そういう時は歩くに限る!」と書いていて、鎌倉古道を一緒に歩きたい人を募集していたので、気軽な気持ちで「行きたいですの~」と申し込んでおいた『鎌倉古道探索』が去る5月3日に開催されました。

すっかり古道研究家の肩書が板についた荻窪圭氏(※赤い洋服はおそろいにしたわけではありません)

集合場所の町田駅に集まったのは女性4名&男性4名のまるで合コンっぽい8名。どうやらわたくしだけ、ディープな街歩き初心者のようです。体力はあるから、まぁなんとかなるですわ♬と、デニーズで早お昼を食べてさっそくスタート。町田駅からほぼ真っすぐ北上して、多摩センター駅まで歩くようですの。

なんてことない町田駅前のこの商店街が一級古道とのこと

皆さんが早々に興奮していた看板

トータルで10数kmを歩くと言われていたのですが、旧鎌倉古道と書いてある看板とか、五叉路とか、マンホールとか、そういうものに皆さんいちいち反応して写真を撮りまくるのでなかなか進まないんですの。歩け歩け大会とは違うということをまず実感。世の中GW真っ只中ということで、町田の『最強ラーメンFes』なるものの会場の横を通り過ぎつつ、ぞろぞろと歩きます。

あっちも気になりますわ~
関東ローム層とかなんとか

荻窪さんが用意してくれた地図資料(有料100円)を片手に北上していくと、どう見ても新しい道路を作るためにぶった切ったよねココ!ってな感じの道とか出てきて面白いですの。高低差や地層に興奮したり、かつての川の跡を想像して騒いだりと、わたくしから見ればリアル・ブラタモリ!なのであります。

菅原神社
谷にある民家を上から俯瞰の図
暗渠とかなんとか
だんだん過酷になってきた
おお~!坂のある場所ってステキ(住むのは大変だろうなぁ~)

ようやく三分の一くらい歩いたところで、パン屋さんで休憩ですの。あらかじめこのパン屋さんに寄ることになっていたものの、予想以上に美味しくて、コーヒーもタダで、かなりいい感じのパン屋さんでした。一行、大満足。

休憩した町田のパン屋さん「パンパティ」
ここの人気はカレーパンらしいですわ

再びあるき出します。
「境界マーク」。よくわからないけど皆さん撮っていたので。

・・・・・。

この先にあったものは・・・町田市の指定史跡にもなっている「鎌倉井戸」。新田義貞が鎌倉攻めの時に掘ってお馬さんたちの喉を潤した井戸だそうですの。

「鎌倉井戸」

井戸の前の道はフツーに生活道路として使われているっぽい

このあたりは歩いていると気づかないけれど「七国山(ななくにやま)」という標高128mほどの山だったようです。

府中→所沢→高崎まで続くんですのね~!と感動。

これぞ古道!って感じになってきた
緑がいっぱい
歩き始めた駅前とは大違い
大丈夫でしょうか
右の歩道を行かず、わざわざ草ボーボーの道をゆく人達
看板があるとホッとします
小野路宿里山交流館でひと休み
荻窪さんオススメの場所だとか
小野路宿、初めて聞いた!

この日わたくしが一番感動した場所がこの「切り通し」。切り通しって鎌倉以外で初めて通ったような・・・。竹林に囲まれたタイムトンネルのようなところで、緑に囲まれすぎていて少し暗い感じがこれまた雰囲気バッチリ。目を閉じて大昔の人々の往来を想像するのにいいところです。

ここはとってもカッコいい場所
皆さんも興奮気味
でもゆっくりはしていられませんの

迷いそうになるといろいろな地図アプリを駆使して判断

※遭難している人達ではありません

その後も、一人じゃ絶対に通りたくない、とんでもなくあやしい山道を通って、無事に予定ルートを完歩ですの。よく歩きましたわー!

無事に多摩センター駅に到着ですの
現代の古道をくだって、ビールで乾杯して帰りました

おうちに帰って、あらためて荻窪さんが作ったこの日の資料を見ると、タイトルが“鎌倉古道散歩”ではなく、“鎌倉古道探索”。あぁ、確かに随所に探索だったですわねと納得。初めてのディープな街歩き体験はとっても楽しかったです。

和歌山に行くのに特急くろしおに乗ったお話

先日トラベルWatchさんのお仕事で和歌山県紀の川市に行ったのですが、その時に新大阪から乗り込んだ特急の車内から、鉄の甥っ子カンタ(13)に「今こんなのに乗ってるですのよ~」とLINEで以下の写真を送ったところ、

すぐさま「289系!奇跡!戦闘撮ってくれた?」との返事が。戦闘?あぁ先頭ね。撮ってないと返すと「お願いします!かなりの珍車です」ですと言うんですの。仕方ないですわ、降りたら撮りますわと送ると、「それはかつてのしらさぎを改造した車両です!」だそーで、たいそう羨ましがられました。ものすごいラッキーだねと言われて悪い気はしないのですが、そもそもしらさぎが何であるかも知らないワケで、、、。約束通り降りたらダッシュでホームの端っこまで行って先頭車両を撮ってあげましたとさ。

水着撮影2016のお手伝いですの

去年お声がけしていただいたITmediaデジカメプラスさんの毎年恒例水着撮影のお手伝いに、今年もまた呼んでいただいたので行って来ましたの。メンバーは同じく、編集長さん、カメラマンは荻窪圭さんと三井公一さん。モデルちゃんはオスカーの佐藤杏奈ちゃん。ゆきぴゅーの仕事はおじさん達がやったらセクハラになる、

・モデルちゃんに日焼け止めを塗る
・ビキニ位置の管理
・万が一溺れかけた時の救助隊

など、身の回りのお世話係であります。
去年は日差しが強くて日焼け止め塗り係と日傘持ちに徹していましたが、今年はあいにくの曇り空。しかも気温が26℃くらいと涼しい日で、一度も日焼け止めは登場しませんでした。がっ、全員油断して1日過ごしていたらやっぱりじんわり焼けていた!三井さんなんて頭が皮むけそうだと夕方は真っ赤になっていましたが大丈夫だったのでしょうか。

荻窪さんは相変わらずおもしろいカメラを持っている
無人島に漂着したかのような人達

その三井さんがモデルちゃんをお姫様抱っこして記念撮影した後に「じゃ荻窪さんもゆきぴゅーを」と言うと、「それやったら絶対腰痛めちゃう」とか失礼なことを荻窪さんが言い、「いや、きっと20代のモデルちゃんと比べて骨密度が低いはずだから大丈夫じゃない?」と、もっと失礼なことを言ったのは三井さんです。

水に使ったモデルちゃんお疲れ様でした
穴が大好き荻窪さん

と、そんなことを書こうと思ったのではなく、デジカメプラスの編集長さんが『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』のファンだということがわかり、私がロケ地のホビトン・ムービーセットに行ったのをたいそう羨ましがっておられました。聞けばちゃんと原作をすべてお読みになっている真のトールキン・ファンのようで、最初の100ページくらいで挫折した私なんかが行って楽しんできちゃったのが申し訳ないくらい。とはいえ、「これがバギンズ家の前で撮った写真ですの~いいでしょ~」とiPhoneの写真を見せびらかして自慢するところはしっかり自慢してきました。

この日、三井カメラマンが撮っていたシグマの新しいカメラレビューがさっそく公開されています。こちら

ニュージーランドの記事が公開になりましたの

ブログ更新が怠ってしまい反省の毎日を送っているゆきぴゅーです、こんばんは。気づけばニュージーランドから帰国して1ヶ月が経ってしまいました。あっという間だったのか、長かったのか自分でもよくわかりませんが、撮ってきた写真を時々眺めてはため息ついていたことは事実ですの。それだけ私の心をもっていかれた夢のようなニュージーランドプレスツアーの記事が、このたびようやくトラベルWatchさんで公開になりましたのでご覧くださいませね。4本書く予定のうちの1本です。あとの3本は年内には書きます。ウソです。今月中に書きます!

毎日が感動でいっぱい!アウトドア天国ニュージーランドの旅(その1)

記事と同じ写真を載せても面白くないので、ここでは初出し写真を。
こちらは落ち葉が散ってすっかり秋も深まっていたオークランドの風景。

DSC_0014_1

オークランドは坂の多い街。地図を見ただけではわかりませんわね。
DSC_0017_1

ニュージーランド航空で朝着いて、お腹すいたと言ったら連れて行ってもらったのがこちらのオシャレなベーグル&サンドイッチ屋さん。

2016-05-31 10.03.39_1

陽気なお兄ちゃんが働いていました。DSC02979_1

食べたのはたしかプレーン・ハニー(みたいな名前のやつ)。おいしい生地のベーグルでした。近所に欲しい!

DSC02983_1

オークランド博物館は、最低2時間は欲しい感じの楽しい展示物いっぱいでした。なんというか諸星大二郎の漫画「マッドメン」世界なのです、色々なものが。

DSC03029_1

建物は3階建て。吹き抜けの天井が素晴らしくて思わずパチリ。

DSC03047_1

向こうに見えるのは数時間後に恐怖のアクティビティをやることになるスカイタワー。マジであそこに登ってなんちゃらウォークをやるですの???と遠い目で見ながら撮った一枚。

DSC03044_1

初日の夜はハーバーディナークルーズ。こんな風になるまでワインを飲みました。DSC03107_1

宿泊は格式高いヘリテージホテル・オークランド。どんなに酔っ払っていようが、倒れこむ前にとりあえずお部屋の写真は撮らなくてはいけません。

DSC_0023_1

旅はまだまだ続きます。

タブレットでお絵描きするレビューを書きましたの

ごぶさたしております。ゆきぴゅーです。実は一週間ほどお仕事でニュージーランドに行っておりました。季節が逆の南半球ニュージーランドは現在、晩秋から初冬。ヒートテックやフリースやニット帽をスーツケースに詰め込んでの旅でしたの。
旅のようすはまたあらためてお伝えするとして、出発前に終わらせることができず「向こうで書いて送りまーす」と言って出かけてしまった日本HPのタブレットのレビュー記事が本日PC USERさんで公開になりましたのでご覧くださいませね(リードに書かれている“イラストのプロ”って言葉がこそばゆすぎる・・・)

「画面に直接書けるって楽しい!」イラストライターが2in1「HP Elite x2 1012 G1」のアクティブペンを使ってみた

ちなみに、向こうで書くですわ!と編集さんに言ったはいいものの、毎日アクティビティ三昧でホテルの部屋に戻ると速攻でオチてしまい、結局帰国のフライトの前日に徹夜しながら書くという状況に・・・(ToT) 夜食にとスーパーで買った青りんごかじりながら、頭の中を必死に日本モードに戻すのがやっとでした。やっぱり仕事は終わらせてから行かねば!というわけで、お絵描きタブレットやっぱり欲しいなぁ~
2yukipyu6

 

トラベルWatchさんでマニラの記事が公開になりましたの

トラベルWatchさんでマニラの記事が公開になりましたの。4本書いていいですよと編集部さんが言ってくださったので、飛行機編、観光編(これ肝硬変と変換されるのが悲しい)、タガイタイ編、ホテル編と徐々に公開になる予定です。といっても今日現在で2本がすでに公開になっておりまして、

一挙3路線に就航したジェットスターで行くマニラツアー(その1)
土日利用なら有給なしで遊んで帰ってこられるマニラ便!
DSC02542_1

そして、

一挙3路線に就航したジェットスターで行くマニラツアー(その2)
ショッピングから異国情緒あふれる旧市街まで魅力が詰まったマニラ観光編

です。お時間あるときにぜひ。
DSC_0063_1

とっくに発売になっているデジタルカメラマガジン5月号

え~、皆さまこんばんは。夜中のコーラがぶ飲みでまた太りだしてしまったゆきぴゅーです。大変遅い告知で心苦しいのでありますが、4月20日に発売されたデジタルカメラマガジンで『ゆきぴゅーのめざせ!温泉カメラマン』は小田原に行きました。・・・と、何個か前のエントリーで書いていましたわね。ま、とにかくそれが発売になりました。この号はきっと普段デジタルカメラマガジンを買わない人達も買った号だと思いますの。なぜなら!6ページにわたって羽生結弦くんが載っているから!キャー!

3月に行われた世界フィギュアスケート選手権を能登カメラマンがキヤノンのEOS-1DX MarkⅡで撮ったものなのですが、本番のフリースケーティングあり、練習風景あり、そしてエキシビジョンありの豪華版。編集部の上田氏はわたくしが羽生くんファンだというのを知っているので、「すごいカッコいいカットばかりですよー。だから早く原稿書いてくださいね」と職権乱用なメールを送り付けてきて悔しかったですの。内緒で送ってくれ!とお願いしても送ってくれなかったし(>当たり前)

いつも発売日には「発売ですわー」とツイートするのですが、今回はちょっとあざとく“羽生結弦”の文字を入れてツイートしたら、すごい勢いで拡散していったみたいで、インプレッション(=ユーザーがTwitterでこのツイートを見た回数)がなんと24,000件を越えましたの。ゆきぴゅーのツイッターなんて普段細々とやっているので、いつもインプレッションは100件くらいで、リツイートやいいねの数も5件もいけば上々なんですが、やっぱり“羽生結弦”効果はすごいですわね。

というわけで、何の話だったでしょうか。あ、デジタルカメラマガジン5月号のお話でした。もうすぐ6月号がでますけどね。

4月の日々

怒涛の更新4月編ですの。
4月7日の夜からトラベルWatchさんのお仕事でマニラに行ってきましたの。どんなお仕事かといいますと、格安航空会社大手のジェットスターさんがこの春、成田~マニラ、中部~マニラ、大阪~マニラ便を就航しまして、一足お先にジェットスターに乗ってマニラで色々楽しんできましたよという記事を書くためのお仕事です(要はメディアツアー)。

フィリピンはその昔セブ島にダイビングに行ったことはあったのですが首都マニラは初。治安は大丈夫?観光って何があるの?ご飯はおいしいの?という皆さまの疑問にゆきぴゅーの体験記はきっとお役にたつハズ!(>まだ1行も書いてないけど)。
DSC02692_1

で、ですね、週末利用してちょいとマニラへ旅行ってアリだと思いましたわよ、ジェットスターさんなら!(←ここ大事) だって片道9000円~と、びっくりするくらいお安いんですもの。飛行機に乗っている時間も4時間ちょっとだし、特にお買い物好きの人なら天国です。ホテルや劇場やショッピングエリアが一体となっている巨大な複合施設がベイエリアにドカンドカンと建っていてその規模、ゴージャスさったらすごいのです。
2016-04-08 17.42.15_1

そしてもしあなたがカジノが好きなら、今マニラが暑い!じゃなくて熱いです!(実際35℃くらいあって暑かった)。泊まったホテルの近くにカジノがあって、ランチを食べたホテルにもカジノがあって、お夕飯を食べに行ったホテルにもカジノがあって、これって1回くらいやって記事書かなくちゃいけないんじゃないですのー?!という気持ちになってきたゆきぴゅーは、周りからおだてられたこともあって大金の1000ペソをかけて大勝負に出ることにしましたの!ちなみに1000ペソは約2500円。ゆきぴゅーん家の近所では焼き鳥食べながらホッピー呑んで中おかわりもできる金額ですわ。

というわけで、いざっ!

DSC02371_1

結果は、、、

10分で消えました。ちーん。
DSC02428_1

カジノで負けてもこんなとびっきりの美女がわんさかいるマニラ。気分転換にオススメですの🎵詳しい旅レポがトラベルWatchさんに掲載になったらまたご連絡いたしますわね、お楽しみに。

1ヶ月回顧

熊本・大分地方の地震が心配な週末ですわね。約1ヶ月違いですが同じ春の時期ということで、5年前の東日本大震災を思い出してしまいます。しかし今回は「自粛モードはおかしい」という動きがかなりあるように感じますわね。わたくしもその通りだと思います。
それにしてもどこで大きな地震があってもおかしくない国なんだなぁとあらためて感じた今回、日頃の防災意識を高めなくては!ということで、ゆきぴゅーはこの機会に、無料配信されている『東京防災』をKindleからダウンロードしてみました。電車の中とかで時間があるときにスマホで気軽に読めるのでオススメですの。
2016-04-17 11.34.30

さてタイトルの一ヶ月回顧ですが、前回のエントリーが伊豆大島の記事とは!(行ったの2月ですわよ、、、トホホ)。最近はFacebookPageのほうに直接書いてしまうことが多いのでこのお弟子さんえぶりでぃに直で見に来てくださっている方はごめんなさいですの。

世の中の春休みシーズンには、長野から姪っ子&ママ(第一陣)や甥っ子(第二陣)が遊びに来たので、原宿でパンケーキ食べたり、人気の雑貨屋さんめぐったり、靖国神社参拝したり、大江戸温泉物語行ったりと一緒に東京見物を楽しみました。安曇野で暮らす純朴な少女あみちゃんはお目当ての原宿のお店でパンケーキを目の前にしてハイテンション。しかし次第に口数が少なくなりあっという間にフォークを持つ手が止まっていました。生クリームはそんなに量を食べられるものではございません。
ami

3月中旬はお友達のいくちゃんの結婚式が根津神社でありまして、文金高島田の正統派な和装花嫁を見ることができて得した気持ちに。

DSC_0210_1

DSC_0231_1

帰りに谷根千周辺をぶらぶらお散歩。大好きなカヤバ珈琲のベーカリーが近くにあるというので行ってみると、これがまたステキなところでして、昭和のはじめに建てられた3軒を上手に利用して、こじんまりとしたセンスのいいお店が!『上野桜木あたり』という名前で、2015年3月に出来たところのようです。何軒かお店がある中で谷中ビアホールが一番気になりましたわ。次行ったら絶対飲もう。

DSC_0270_1

谷根千といえば猫。にゃ~

DSC_0277_1

そして根津といったら昔、弟子入りしてゆきぴゅー金太郎飴作りに挑戦した『根津金太郎飴』に立ち寄らなくてはいけませんの。おじさん元気かなぁ?と覗いてみると以前と変わらないお元気な姿が。歯にくっついちゃうから噛んじゃダメだよという金太郎飴を久々に買って帰りました。

DSC_0288_1

3月末にはデジタルカメラマガジン5月号の温泉カメラマン取材で小田原へ行って有名な枝垂れ桜を撮ってきましたの。ご覧のようにすぐ近くに屋台が出てお団子やらおでんやらが食べられるスペースがありまして、写真を撮る側からしたら“ジャマだなー”とちょっぴり思うわけですが(そしてなんとか人が写らないように構図を考える)、実際座ってお茶を飲みながらのんびり見上げて桜を眺めたそのひとときは、それはそれは幸せな気持ちになれたのでした。

DSC_0159_1

ちなみに上の写真は午後2時。で、下の写真は朝6時。海のほうから上がった太陽の光に照らされて一層美しく見えましたの。詳しいことは4月20日発売のデジタルカメラマガジン5月号をご覧くださいませね。
DSC_0488_1

こんな感じであっという間に3月が終わり4月突入で今に至りますの。
つづく