フエですの~

marcket 「朝めしだー」の声に飛び起きたのはいいんですが何が出てくるのかと思いきや、な、
なんと肉まん一個と水。朝から肉まんですかっー!!!と怒る気にもなれず、むしろこれはギャグではないかと思い、
一人つぼにはまって肩をふるわせて笑っておりました。
 すると、隣のベトナム男性が肉まんかじりながらわたくしを見てつぼにはまって笑っておりました。
 でも斜め上のベッドのリザはちらりと肉まんを見ただけでまた眠りにつきましたの。あたりまえですわ、ふつうですわ。
肉まん大好きなジャパニーズのわたくしでさえ、朝から肉まんはちとキツイですわ、なのにリザが食べるわけがございませんのよ。
 あぁ~ん、これじゃ昼ご飯も期待できないですわ、と仕方なく窓から見える外の景色を眺めておりましたの。
 田園風景がどこまでも続いているド田舎ですわ。それにしても電車の遅いこと遅いこと。時速40キロくらいで走ってるに違いありませんわ。
だってだって横の道を走る車やモーターバイクがどんどんどんどん電車をぬかしていくですのよ~。
地図で距離を測ってみるとちょうど東京から大阪間くらいなんですのよ。そこをちんたらちんたら14時間かけて走っているんですわ~。

 うとうとしかけた数時間後、今度は「お昼ご飯だ~」の声でたたき起こされたですのですわ。
さすがのわたくしも朝は食べてないみたいなものなので、お腹がすいてきゅるきゅるでしたの。
肉まんの次はなんですの~と思っていましたら出てきたものは意外にもまともなお弁当でしたわ。白米にお肉と野菜の炒めたもの、
謎の葉っぱのスープ….。リザも下に降りてきて一緒に食べましたの。
 昼食が済んで、またうとうとと寝ていましたら遠くから「フエ、フエ!」の声がするではありませんか。
あぁいよいよ着くのね~そろそろ準備しなくちゃ、と起き上がりますと電車がゴットン、と止まりましたの。
 周りを見回すとそこは駅??つ、着いたですの~?そ、そんな、まだ荷物がぁぁぁぁ!!!リザ、リザ、起きてぇぇ、、フエよ、フエ、、
バタバタバタ・・・
 と、それからの記憶はぷっつりと切れておりまして、気が付くと二人とも両手にガイドブック、ウエストポーチ、バックパック、水、
なぜか肉まん、とりあえずすべての荷物を持ってフエの駅に突っ立っておりましたわ。
 寝ぼけていたリザも相当慌てたらしく自分の荷物を線路脇で一つ一つ確認しておりました。
 街中の見た目のよさそうなホテルにチェックインしたわたくしたちはツインの部屋に泊まることにしてシャワーを浴びさっそくフエの街を散策に出かけたんですの。

 フエは街の真ん中を大きな川が流れていて静かでゆったりした落ち着いた雰囲気の街でわたくしはすぐ気に入りましたの。
 さすがベトナム最後の王朝の置かれたところですわ。
 まず行ったのはドン・バ市場という巨大なマーケットでそこには野菜、洋服、お菓子、果物、ニワトリの丸焼きと丸焼きになるまえのニワトリ、
魚、布団、漢方薬…
 ありとあらゆるモノが売られていて活気がありましたですの。
 わたくしたちはそれぞれ祖国では見たこともないようなカラフルな果物を大量に買って、帰りによさげ~なレストランに入ったんですの。

 わたくしは何がなんでも生春巻きと思い、またまた「地球の歩き方」を出して指差すと「うちにはそれは無いんです」と言うではありませんか。

 がぁ~ん。いったいどこに行ったら食べれますの~?!
 まぁ仕方ないですわ、まだ時間はありますもの…と思って他の物を注文してお腹がいっぱいになったところでリザが
「このフルーツ切ってもらいましょう」とステキな提案をしてくれたのでウエイターさんを呼んでお願いしましたの。
 川から吹くここちよーい風とおいしい南国フルーツですっかり気分をよくした二人は帰りしなに「マッサージ」の看板を発見!
 顔を見合わせてにっこりうなずいた瞬間二人の足はそのお店に向かっておりました。
 フットマッサージ&フェイスマッサージをやってもらってついでにマニキュアなんかもお願いしてトロ~ンとなりながらホテルに戻りましたの。

 ガイドブックを広げて明日は「王宮を巡る川くだりツアー」
に行こうということになって気づいたらそのまま二人とも朝までオチテしまいました。

つづく

生春巻きをもとめて、ですの。

Liza&train 「きのうのハ・ロン湾はとってもよかったですわー。むにゃ・・。」
 と、のそのそと昼頃起きた5日目。
 今日は何をしましょと、とりあえずインターネットカフェにてくてく歩いていきましたらお師匠様からメールのお返事が来ていましたの。

 メールの様子から相当ヤバイ状態であることがわかりましたが、わたくしはベトナム。どうしてあげることも出来ないので、
哀れに思いましたがほっとくことにいたしました。
 が、メールの最後に「生春巻き修行はどうだ?」と一言書いてあるではありませんかっ。
 そうですわ!すっこーんと忘れていましたがわたくしは今回生春巻き修行にきたので
すわ!た、たいへんですの~。まだ一回も食べておりませんわー!とあわてたんですの。
 しかしよく考えてみれば街の道端でフォーを売ってるお店はたくさんあるのに生春巻き屋は一度も見てないのです。
 それでホテル戻って従業員のにいちゃんに
 「”なまはるまき”はどこ行ったら食べれますの?」と聞いたのです。
 すると「”なまはるまき”ってなんだい?」というではありませんかっ。
 なんですと~?!生春巻きのお国の人だモノって、あんたの国の代表的な食べ物じゃございませんの~、と言っても分からないみたいなので
「地球の歩き方~ベトナム~」のカラーで載ってる生春巻きの写真を指差して「これですわ、これ!」と言ったのです。
 すると「あ~これね、これは..う~ん..」
 と首をかしげて「もしこれを食べたいなら、ちょっと高級なレストランに行かないとだめだよ」とそっけなく言うのです。
 今回は修行の旅だからそんな高級レストランに行けないんですのよ、
屋台とかでおばちゃんの作り方をこっそり教わって帰ろうと思っていたのに..と涙ながらに身振り手振りで話すと、
 「この料理は確かにベトナムのトラディッショナルな食べ物なんだけどそこらへんの
道端で売ってるものじゃぁないんだよ。わかるだろう?」
 「なんでですの?!生春巻きのお国の人だもの、じゃないのですの?!」
 「だってさ~」
 「だって?」
 「こんな暑い中で生物を屋台で出して、なまもの食わせたら、腐ってはらこわすじゃん」
 おおぅ。おにいちゃんインテリですわ。東南アジアは腹壊すのは常識なのは、日本人の腹が弱いせいと思っていたら、
現地の人々でもおなか壊すのですね。でも現地の人の腹下しは、日本人にはそうとうきついのですわ!
 とりえあず納得してうなずくわたくしにそのにいちゃんはある提案をしてくれました。
 「キミ、フエに行ったらどうだい?フエはその昔王朝のあった場所で伝統的な王宮料理が有名だよ」と言うのです。
 はぁ、フエですか、フエというとハノイからどのくらいかかるのかしらん、、とガイドブックを開いて見ていたら
 「ほら、電車のチケット。今予約してあげたから今夜の便で発つといいよ」
とわたくしの意思などまったく無視して勝手に進めてしまったんですのよ。ま、
でもハノイも歩き回ったし見知らぬ土地で鉄道の旅もいいかしらん、と思ってさっそく支度を始めたんですの。
 そして夕方。フエで数泊してまた必ずここに戻ってくるから部屋を確保しといてちょうだいませね、といったんチェックアウトして、ついでに”
部屋のお荷物、フエまで持っていけないから預かっててちょうだいね”、とお願いしたんですの。
 「OK!気をつけていってらっしゃい」と言ってわたくしの部屋にその荷物を確認しに行った従業員のにいちゃんは
 「こ、これ全部置いてくもの?」と、ででぇぇ~んとベッドの上に置かれた数日間に買いまくった荷物を見て卒倒しておりましたわ。

 では行って来るですわ!
とすっかり乗りこなせるようになったモーターバイクでびゅ~んとハノイ駅まで行って夜10時発の電車に乗りこんだのです。
 にいちゃんが予約してくれたのはソフトベット(エアコン付)という寝台車でしたが、
この国では何度も常識を覆されていましたので期待はしてはおりませんでした。案の定行って見るとコパーメントのベッドは4つ。
上下2人づつの2段ベッドになっておりましてすでにわたくし以外の3人は入っていましたですの。
 もちろん男女混合で、2人のベトナミーズ男性と旅行者らしき外国人の女の子。
 彼女はわたくしの顔をみるなり「よかったわぁぁぁぁ~~~あなたがいなかったら私とっても心細かったのぉ」と言いました。
 わたくしは下の段で彼女は斜め上のベッドでしたがお互い自己紹介をしているとゆっくりと電車が動き始めましたの。
 彼女はサンフランシスコから来た”リザ”という子で偶然彼女もフエに行くとのこ
と。
 とっても気さくな感じのコで「私も一人だし、よかったらフエで一緒に過ごさない?」
 と言ってくれて安心してさぁそろそろ寝ましょうかとなりましたの。
 わたくしは”明日起きたら古都フエに着くのね”、と興奮しながら
 「ねぇ、リザ。明日の朝は何時にフエに着くのかしらん」
 と聞きましたら、
 「え?朝じゃないわよ、昼過ぎの2時よ」
 と言うのです。
 「に、にじぃ~???」
 ってことは、、と指折り数えて
 「じゅ、じゅーよじかん、ですか!まいがーっ!」
 そうとなったらひたすら寝るに限るですわ!と必死に目を閉じて眠りにつこうとするのですが何せ慣れていない電車の横揺れ。
しかも少しずつベッドのマットレスが横にずれて気付くと体半分が通路に出てしまうのです。
おまけに上のおっさんのいびきが始まってなかなか寝付けずにいましたが、いつのまにかオチテいましたの。
 で、翌朝。
 車掌さんの「朝めしの時間だ!」というでっかい声にびっくりしてベッドから転げ落ちて起きましたですの。

 つづく。

ハ・ロン湾ですわ!絶景ですわ!

Ha long Bay 3日もハノイを歩き回ったらいよいよ飽きてきたので4日目は「ハ・ロン湾巡りクルーズツアー」
に申し込んだですわ。
 ハ・ロン湾っていうのは、むか~しむか~しからの波の浸食で出来たおもしろい形の岩々が海面からそそり立っているところで、
ベトナムでは一大観光地となっているんですの。
 しかぁ~し!ハノイからバスで4時間。田舎のがたがた道であいかわらず運転手はひっきりなしにクラクションを鳴らすので、
おちおち寝ていられないんですのよー。外はどこまでも続く田園風景。水牛とスゲ傘かぶった農家の人々の姿が見られました。
 バスの中はほとんどがバックパッカーのみなさんでしたわ。日本人は私ともうひとり女の子がいて、お話をしたらなんと、
かつての私と同じくニュージーランドワーキングホリデーに行っていて、その帰りにマレーシア・タイ・カンボジア・
ベトナムと旅してるたくましー女の子でしたの。
 私もワーホリ経験者ですのでしばしニュージーネタで盛り上がった後、しゃべり疲れて寝ていたら急ブレーキで頭を窓にゴン!
と打ってたたき起こされたですわ。
 ハ・ロン湾への入り口の港に着いたのですの。
 バスを降りてお昼を食べていよいよクルーズです。
 といってもあの国で豪華客船クルーズみたいなのを想像したらいけませんのよ。
 あぁ~ん。あくまでも漁船、なんですのよ。
 あまりのおんぼろさにちょっと心配になってこっそり救命胴衣の在り処を確認したあと、デッキに出て景色を楽しみましたわ。
 行ったことはございませんが中国の「桂林」に似た水墨画のような世界でしたの。
 湾内のケーブをくぐるとそこは360°岩山に囲まれた、しーんとして、ただ鳥の鳴き声がする静かな場所でしたの。
 いゃ~ん。ベトナムにもこんな静かなところがあるのね~とたそがれていましたら、
突然目の前に座っていたヨーロピアンのおねいちゃんがいきなりTシャツとズボンを脱ぎ始めましたの。
 な、な、なにをするですの~と思った時には彼女は下着姿で海に飛び込んで、気持ちよさそーに泳ぎながら、くいくいっと指をまげて、
「カモ~ン!」と言うではございませんかっ!
 それにつられて3,4人の金髪のおねいちゃんが次々と脱いで海に飛び込んだですわ。
 わたくしも一瞬「泳いじゃおうかな」と思いましたが、ワーホリ帰りのジャパニーズちゃんが
「あの人たちってビキニにも見える黒とかグレーの下着つけてんのよねー。だから恥ずかしくないのよ。私のなんてもう見るからにちちばんど!
ってのだからだめー。あーでも気持ちよさそうー」とため息ついて言いましたですの。
 こんなことなら水着を持って来ればよかったですわ。私もちちばんどでしたから。じりじりと照りつける日差しを受けながら、ブラ&
ぱんてぃで泳ぐヨーロピアンガール達をうらめしそうに見つめるジャパニーズ2人でしたの...。

 古都フエへの旅につづく

はのい2日目ですの。

yatai 前日到着がたいへん遅かったのと疲れていたので朝はチェックアウト時間ぎりぎりで飛び起きて急いでシャワーを浴びたのですわ。

 おーこれがベトナムの朝ね~とのんきに外へ出るとモーターバイクがびゅんびゅん通って何度もひかれそうになり危ないんですの。

 お腹がすいたので通りのお店でフランスパン一個とミネラルウォーターを買って歩きながら食べていたら感じのよさそうなホテルを発見したのです。

 その名もプリンスホテル。(ちなみに日本にあるあのプリンスとは違いますのよ)お部屋を見せてちょうだいな、
と行ってみると前の日と同じ値段でもっとキレイだったので2泊目からのホテルはそこに決めたんですの。
 バスタブもあってダブルベッドで家具類なんかもおしゃれでとぉってもいい感じなん
ですのよ。
 で、とにかく荷物を置いてハノイの街を散策しに出かけたのです。
 お供はお師匠様に貸していただいたコダックDC4800ですわ。
 ハノイはベトナムの首都なんでございますが、ガイドブックによると南にあるホーチミンのほうが商業都市として栄えていて、
観光客もたくさん、モーターバイクの数も比較にならないくらい、町も汚くてうるさいらしい、、
 のです、が、が、が!!!すごいですのよ、ハノイも。ひっきりなしにバイクはクラクション鳴らして走るしその数も半端じゃないのですわ。

 道路横断しようものならもう命がけ、それに暑いしお店に入ってもろくにエアコン効いてないし、
玉のような汗をかきながらそれでも街を散策していろいろお買い物をしましたですわ。
 夕方足が棒になるまで歩いたのでそろそろホテルに戻ろうかと思って歩き始めたのですがしばらく歩いて何かへん、
と思ったらなんと逆の方向に歩いていてもうだめだと思ってタクシーをとっつかまえて「プリンスホテルにいってちょうだいな」
とお願いしたんですの。
 だけど着いた先はプリンスホテルはプリンスホテルなんですが、またまた別のプリン
スホテル。
 どうーいうこっちゃ~い!何でこの国には同じ名前のホテルがいくつもあるんですNoー!
と言っても仕方ないのでまたそこからてくてく歩いてホテルまで帰ったのです。
 その日の夜はホテルの前にある屋台で念願のフォーを食べましたわ。
 40円ですのよ。ずるずると麺をすすりながら
 「あ~今頃お師匠様は、、、」と考えたら急に心配になってそのままインターネットカフェに駆け込んだですわ。
 昨日の夜のメールのお返事が来ていてとりあえず生きてるみたいなので安心して、触らぬ神にたたりなしと、
返事を書かないでホテルに戻って寝ましたの。

 帰国してこの日のお師匠様のレシートを整理したら、事務所から徒歩30秒のコンビニのレシート3枚だけでしたわ。
 おにぎり・コーヒー・お茶、雑誌、、、この繰り返しですの。

 

 つづく

はのいまでですの。

hanoiday1 そして飛行機はとびたったのですの。
 関空へとんで、ついでホーチミン、もう一度乗り継いでハノイにいくのですわ。
 ホーチミンではたくさんのきかざったおねいちゃんが、ぞろぞろといて、彼女たちは着陸態勢になると、一気に化粧を直したり、眉を描いていたのですが、ホーチミンでは飛行機からターミナルまではバスで、しかもこれがまた大変熱かったもので、みんなメイクがドロドロと流れ出して、周りの異国の方々は、たいそう驚いていらっしゃいました。私?私はワーキングホリデー気分に戻って、65リッターバックパックにウエストポーチでノーメイクですの。バッチリでしたの。
 で、ハノイについたら、もう10時。
 大変遅い到着だったので、お師匠様がインターネット経由でホテルを予約しておいてくださったのですが、空港には誰も出迎えはなく、仕方ないのでバイクタクシーでフォーチュナホテルというところに向かったのですの。
 でもたどり着いたそこは、まるで東京では赤プリ。
 バイクタクシーが車寄せに入ってくるなり、ドアボーイが駆け寄ってきて
 「May I help you?(そんなかっこでくるんじゃねぇよ。用件聞いてやるから、さっさと言いな)」
 と言ったのでした。
 でも、私はきちんと予約してございますのよ、といってフロントに歩いていったのですの。すると今度はカウンターにつくなり、おねいさんが後ろの部屋に駆け込んでいって、偉い人を呼んででてきたんですの。その偉い人が、最初に私を見たときの目!さげすんだ目!
本当にそういう目をしたんですの。0.5秒後には普通の顔に戻りましたけど。で、予約しておいたというと、無いと言われ、
予約したプリントアウト下のを見せると、知らんと言われ、よくよく聞くと、フォーチュナホテルというのは2つあり、
 「ん、君が行きたいのは、この安いフォーチュナホテルのほうじゃないの?でも遅いからシングル$55でよければ泊めてあげるよ」
 と言われたのでした。
 ぷんすか。怒って出ていったのはいうまでもありません。予約違いは私のせいかもしれませんが、そんな扱いは心外ですわ。
 タクシーを捕まえて、もうひとつのフォーチュナホテルへ。
 今度もつくと、従業員が飛び出してきたのですが、今度はちゃんと迎えてくれたのでした。
でもやっぱり手違いで予約は入っていなかったのですが(お師匠様~、あの自信たっぷりのあれはなにだったんですか~?)
でも一泊$10から泊めてくれるというので、部屋を見てそこに泊まることに決めました。
 そうして、とりあえず目の前にあったインターネットカフェに飛び込んで、お師匠様に到着あんど生存確認のメールを打って、寝たのは2時の事だったのです・・・。

 つづく。

波瀾万丈の出発まで、ですの。

 でもチケット手配も楽ではございませんでしたの。
 初っぱなはお師匠様が手配してくださったのですが、途中からお師匠様は、幻覚・幻聴が聞こえる状態になってしまったので、メモの走り書きを手がかりに、自分でチケットをもらいに行きました。
 でもですね、いってびっくり、ベトナムはこみゅにすとの国でございまして、パスポートにビザがいるんですの。きゃー。日にちは無い、時間は迫る。でも旅行会社に頼んだら、なんとかなったのでした。
 で、今度はチケットとパスポートを取りにH○Sに行ったら、パスポートしかなくて「チケットは?」と聞いたら、「ああ、
3日後に取りに来てください」と、おっしゃるのですの。
 でも、あれ、そんなぁ、ああ~ん、殺生な、と思って
 「な”ん”じゃお”り”ゃ”~!わらぁチケット取りにきとんねんぞ。お”ら”!」
 と言ったら、なんか若造が、後ろの方にいってごそごそして
 「あ、ありました。チケットです。はい」
 としれっとしていったのですの。
 あたまにきちゃったのですが、でもとりあえず事務所に帰って、死にかけているお師匠様を横目に、うふふん、とチケットを見ていると、お師匠様が寝言で
 「げら、ちぇっくぅ・・・・」
 と言ったのです。すると私の頭に、ぴこーんと電球がともりました。
 あぁん。あれ、なんていいましたの?り・り・リンゴファーム?もとい、リコンファームですわ!いやな予感がして、○ISに再度電話をして、
 「このちけっと、リコンファームは、どうなっておりますの?」
 と聞いたら、
 「やってください」
 ときたものですの。ぐわし!
 「お”~ま”~え”~が~やるか!こっちにやってくださいって言うんだろ、チケット渡すときに!う”お”ら”!」
 と言って、ちょっと奇声をあげて、お耳にお仕置きをしてあげたのですわ!鉄槌ですの!

 そうして私はチケットを手に入れて、朝方始発電車が出る竹の塚までタクシーで走って、そっから電車に乗って、
羽田に向かったのですわ。

 つづく。

ぱぱぱぱ~ん!生還!

 かえって参りましたわ!
 実は私、お師匠様が血反吐はいて原稿書いている中、なんと9日間も、ベトナム研修あんとロケハンあんど撮影用材探索の旅に言ってきたですの。
 事の起こりは、例のそばまき事件。
 あまりのひどさに閉口したお師匠様が
 「おまえなぁ・・・・、ちょっとベトナムに行って、修行してこい」
 とおっしゃったのです。
 そして電波少年よろしく、チケットを手配され、ホテルアポなし、どこにいったら生春巻きの修行できるのかの指示もなし、
突然ベトナムへ行くことになったのです。
 でもですね、お師匠様が血反吐はいている時に行った私は、薄情ではございませんのよ。
 予定では、というか編集部が当初示した締め切りは、遙か昔でしたの。だからお師匠様も、余裕だねふふん、なんていって手配してくださったのですが、実際にふたを開けてみると、締め切りは延びる延びる。
結局私が行っている期間になだれ込んでしまったのですが、お師匠様は
 「インディアン嘘つかない」
 と言って、私を旅立たせてくれたのです。
 でもですね、羽田朝集合6時30分。えきすぱーとでしらべても、出発は23時53分に出ろとかでちゃうし、まるっきり電波少年そのままの
「自分でどうにかしろ」旅行だったのでした・・・

 つづく。

そそるですわ。

 お師匠様の臨時ダイビングあしすたんとのN村ちゃんから電話が来て
 「ゆきぴゅーさん。セーラー服いけてますね。私もそそっちゃいますよ」ですって。
 女医さんの卵、それでいいですの?それとも試験勉強のしすぎでいってしまっているの?
 心配ですわ。でもN村ちゃんもブレザーだったので、一度は着たいとか。まい・セーラー服を手に入れたら、きせてあげますですわ。
でも今手に入れようとしているのは、本職のナースの方のナース服ですの。

ぐーでぱんちですの。

 サンドラブロックのでんじぇらすびゅーてぃーを見に行ったですわ。
 当社というよりはお師匠様はあまりに時間がないので、気に入った映画があるとゆきぴゅーに会社のお金でみにいかせて、
かわりに感想文を提出させて、それがおもしろかったらみにいくのです。
 サンドラブロックのぶたさんみたいな笑い方がおかしかったのと、FBI仲間の、最後に彼女とちゅ~をする俳優さんが、
とってもかっこよかったですわ。
 そう感想文に書いてお師匠様にお見せしたら、これじゃぜんぜんわかないじゃんといわれてしまいました。
なのでみぶりてぶりでご説明申し上げましたら、ほら・脳みそがほしいって泣いているわ、というせりふがツボにはまったみたで、
ずっとくすくすとわらっておりました。・・・・成功ですわ。これで原稿書いてくれますわ。

 つぎはJSAですわ!