波瀾万丈の出発まで、ですの。

 でもチケット手配も楽ではございませんでしたの。
 初っぱなはお師匠様が手配してくださったのですが、途中からお師匠様は、幻覚・幻聴が聞こえる状態になってしまったので、メモの走り書きを手がかりに、自分でチケットをもらいに行きました。
 でもですね、いってびっくり、ベトナムはこみゅにすとの国でございまして、パスポートにビザがいるんですの。きゃー。日にちは無い、時間は迫る。でも旅行会社に頼んだら、なんとかなったのでした。
 で、今度はチケットとパスポートを取りにH○Sに行ったら、パスポートしかなくて「チケットは?」と聞いたら、「ああ、
3日後に取りに来てください」と、おっしゃるのですの。
 でも、あれ、そんなぁ、ああ~ん、殺生な、と思って
 「な”ん”じゃお”り”ゃ”~!わらぁチケット取りにきとんねんぞ。お”ら”!」
 と言ったら、なんか若造が、後ろの方にいってごそごそして
 「あ、ありました。チケットです。はい」
 としれっとしていったのですの。
 あたまにきちゃったのですが、でもとりあえず事務所に帰って、死にかけているお師匠様を横目に、うふふん、とチケットを見ていると、お師匠様が寝言で
 「げら、ちぇっくぅ・・・・」
 と言ったのです。すると私の頭に、ぴこーんと電球がともりました。
 あぁん。あれ、なんていいましたの?り・り・リンゴファーム?もとい、リコンファームですわ!いやな予感がして、○ISに再度電話をして、
 「このちけっと、リコンファームは、どうなっておりますの?」
 と聞いたら、
 「やってください」
 ときたものですの。ぐわし!
 「お”~ま”~え”~が~やるか!こっちにやってくださいって言うんだろ、チケット渡すときに!う”お”ら”!」
 と言って、ちょっと奇声をあげて、お耳にお仕置きをしてあげたのですわ!鉄槌ですの!

 そうして私はチケットを手に入れて、朝方始発電車が出る竹の塚までタクシーで走って、そっから電車に乗って、
羽田に向かったのですわ。

 つづく。

ぱぱぱぱ~ん!生還!

 かえって参りましたわ!
 実は私、お師匠様が血反吐はいて原稿書いている中、なんと9日間も、ベトナム研修あんとロケハンあんど撮影用材探索の旅に言ってきたですの。
 事の起こりは、例のそばまき事件。
 あまりのひどさに閉口したお師匠様が
 「おまえなぁ・・・・、ちょっとベトナムに行って、修行してこい」
 とおっしゃったのです。
 そして電波少年よろしく、チケットを手配され、ホテルアポなし、どこにいったら生春巻きの修行できるのかの指示もなし、
突然ベトナムへ行くことになったのです。
 でもですね、お師匠様が血反吐はいている時に行った私は、薄情ではございませんのよ。
 予定では、というか編集部が当初示した締め切りは、遙か昔でしたの。だからお師匠様も、余裕だねふふん、なんていって手配してくださったのですが、実際にふたを開けてみると、締め切りは延びる延びる。
結局私が行っている期間になだれ込んでしまったのですが、お師匠様は
 「インディアン嘘つかない」
 と言って、私を旅立たせてくれたのです。
 でもですね、羽田朝集合6時30分。えきすぱーとでしらべても、出発は23時53分に出ろとかでちゃうし、まるっきり電波少年そのままの
「自分でどうにかしろ」旅行だったのでした・・・

 つづく。

そそるですわ。

 お師匠様の臨時ダイビングあしすたんとのN村ちゃんから電話が来て
 「ゆきぴゅーさん。セーラー服いけてますね。私もそそっちゃいますよ」ですって。
 女医さんの卵、それでいいですの?それとも試験勉強のしすぎでいってしまっているの?
 心配ですわ。でもN村ちゃんもブレザーだったので、一度は着たいとか。まい・セーラー服を手に入れたら、きせてあげますですわ。
でも今手に入れようとしているのは、本職のナースの方のナース服ですの。

ぐーでぱんちですの。

 サンドラブロックのでんじぇらすびゅーてぃーを見に行ったですわ。
 当社というよりはお師匠様はあまりに時間がないので、気に入った映画があるとゆきぴゅーに会社のお金でみにいかせて、
かわりに感想文を提出させて、それがおもしろかったらみにいくのです。
 サンドラブロックのぶたさんみたいな笑い方がおかしかったのと、FBI仲間の、最後に彼女とちゅ~をする俳優さんが、
とってもかっこよかったですわ。
 そう感想文に書いてお師匠様にお見せしたら、これじゃぜんぜんわかないじゃんといわれてしまいました。
なのでみぶりてぶりでご説明申し上げましたら、ほら・脳みそがほしいって泣いているわ、というせりふがツボにはまったみたで、
ずっとくすくすとわらっておりました。・・・・成功ですわ。これで原稿書いてくれますわ。

 つぎはJSAですわ!

いちだんらくですの。

 発送作業もいちだんらくですの。
 とりあえず、ご連絡いただけないひとのほかはおおくりいたしましたわ。
 でも、もう発送も飽きてしまったので、つぎはもう少しアイテムを加えて半月ぐらいしましたらおおくりするようにしますので、おゆるしくださいませね。こればっかりが仕事ではなくて、お師匠様は廃人(灰燼?)になるぐらい、本の原稿を書いておりますので、そのお世話をしなければならないので・・・。ふえーん。朝くると、たいてい床でたおれておりますわ。かわいそうに。ぼくたん(33・バツイチ)だれか、私生活の方の面倒をみてくださる、奇特な方はいないのでしょうか・・・。
 なにわともあれ、ゆきぴゅーはだいぶものが無くなって部屋が綺麗になってごきげんですわ!

ふりまですの。

 たいへんですぅぅぅ、、、
 み、みなさん、ホントに物が何か分かって応募してらっしゃるのー?
 ぞくぞく「欲しいです」「ぜひ譲ってください」メールが届いてますわ。
 私はこれから発送の手続きを夜通しするのかしら。あーん。

お○く○邸表敬訪問の巻

 数日前のライター閣僚会議で決定した「お弟子さんでっち奉公」の日がやってきました。
 なんでもおぎくぼさんが17インチCRTを人に送るとかで、それを入れる巨大な箱が押入の奥底に埋まっており、
それを引っ張り出して発送するところまでを手伝ってほしいとのこと。そこで”文月くんとこのお弟子さん”に声が掛かったわけですの。
お礼はフォアグラと聞いて「行きます!行きます!」となったのでありまする。
 最初は、どんなふくでいったらいいですか、ときいたら、裸エプロンというご要望があったのですが、
荻窪宅での裸エプロンはあまりにも危険すぎると心優しいお師匠様が要求を取り消してくださったのです。ありがたや~。だけど出がけに
「お師匠様、では行ってきます」と言うと、一言、
「気をつけてね」。
「はぁ~い」と玄関のドアを閉めたものの今の言葉の裏には深~~い意味があるのだわ、
とはじめて不安になりながらとぼとぼ歩き出したのですわ。
 最寄りの駅まで迎えに来てくださった荻窪さんに連れられて戦地に到着。
 そこは想像していた通りパソコン、デジカメ、ソフト、雑誌、パーツのカオスが広がっておりました。が、我が事務所で見慣れているせいか、
もはや動じなくなっている私。なんてすごいのでしょう。
 「で、荻窪さん。どの箱を引っ張りだして片づけたいんですか」
 「これこれ。その一番した~のでっかい箱」
 「はぁ、、、」
 目的の巨大な箱を発掘するにはまず、目の前にある大量の小箱をよけなくてはいけない。よぉ~し、頑張りますよと、
意気揚々としていたら我がお師匠様から電話が入って
 「ご無事?」
 「え、ええ今のところ」と荻窪さんを横目でチラチラ見ながら答えたのでした。
 それから数時間、ネコの毛と埃とタバコの灰と私から見たらホントに必要なのかい!と思われる空箱と悪戦苦闘を繰り返しなんとか終了。
モニターも机からおろしてキレイにふきふき。時々荻窪さんは「はい笑ってぇ」とか言いながら証拠写真をパチパチ。
 というわけで無事奉公を終えたのだが、かなしいことにフォアグラを食べさせてくれるお店のラストオーダーに間に合わなかった、、、。

 だけどそのかわりとぉっても美味しいイタリアンをご馳走になり満足満足。
 ごちそ~さまでした荻窪さん。また何か片づけがあったらお声をかけてくださいまし。

 翌朝お師匠さま。
 「よく無事で帰ってきたのう」(頭なでなで)
 無事で良かったですの。