鎌倉古道を歩いてきましたの

お友達の荻窪圭さんがFBで「4月中にやらなくてはいけない仕事が終わったのでGWはヒマだー。ヒマだと死ぬー。そういう時は歩くに限る!」と書いていて、鎌倉古道を一緒に歩きたい人を募集していたので、気軽な気持ちで「行きたいですの~」と申し込んでおいた『鎌倉古道探索』が去る5月3日に開催されました。

すっかり古道研究家の肩書が板についた荻窪圭氏(※赤い洋服はおそろいにしたわけではありません)

集合場所の町田駅に集まったのは女性4名&男性4名のまるで合コンっぽい8名。どうやらわたくしだけ、ディープな街歩き初心者のようです。体力はあるから、まぁなんとかなるですわ♬と、デニーズで早お昼を食べてさっそくスタート。町田駅からほぼ真っすぐ北上して、多摩センター駅まで歩くようですの。

なんてことない町田駅前のこの商店街が一級古道とのこと

皆さんが早々に興奮していた看板

トータルで10数kmを歩くと言われていたのですが、旧鎌倉古道と書いてある看板とか、五叉路とか、マンホールとか、そういうものに皆さんいちいち反応して写真を撮りまくるのでなかなか進まないんですの。歩け歩け大会とは違うということをまず実感。世の中GW真っ只中ということで、町田の『最強ラーメンFes』なるものの会場の横を通り過ぎつつ、ぞろぞろと歩きます。

あっちも気になりますわ~
関東ローム層とかなんとか

荻窪さんが用意してくれた地図資料(有料100円)を片手に北上していくと、どう見ても新しい道路を作るためにぶった切ったよねココ!ってな感じの道とか出てきて面白いですの。高低差や地層に興奮したり、かつての川の跡を想像して騒いだりと、わたくしから見ればリアル・ブラタモリ!なのであります。

菅原神社
谷にある民家を上から俯瞰の図
暗渠とかなんとか
だんだん過酷になってきた
おお~!坂のある場所ってステキ(住むのは大変だろうなぁ~)

ようやく三分の一くらい歩いたところで、パン屋さんで休憩ですの。あらかじめこのパン屋さんに寄ることになっていたものの、予想以上に美味しくて、コーヒーもタダで、かなりいい感じのパン屋さんでした。一行、大満足。

休憩した町田のパン屋さん「パンパティ」
ここの人気はカレーパンらしいですわ

再びあるき出します。
「境界マーク」。よくわからないけど皆さん撮っていたので。

・・・・・。

この先にあったものは・・・町田市の指定史跡にもなっている「鎌倉井戸」。新田義貞が鎌倉攻めの時に掘ってお馬さんたちの喉を潤した井戸だそうですの。

「鎌倉井戸」

井戸の前の道はフツーに生活道路として使われているっぽい

このあたりは歩いていると気づかないけれど「七国山(ななくにやま)」という標高128mほどの山だったようです。

府中→所沢→高崎まで続くんですのね~!と感動。

これぞ古道!って感じになってきた
緑がいっぱい
歩き始めた駅前とは大違い
大丈夫でしょうか
右の歩道を行かず、わざわざ草ボーボーの道をゆく人達
看板があるとホッとします
小野路宿里山交流館でひと休み
荻窪さんオススメの場所だとか
小野路宿、初めて聞いた!

この日わたくしが一番感動した場所がこの「切り通し」。切り通しって鎌倉以外で初めて通ったような・・・。竹林に囲まれたタイムトンネルのようなところで、緑に囲まれすぎていて少し暗い感じがこれまた雰囲気バッチリ。目を閉じて大昔の人々の往来を想像するのにいいところです。

ここはとってもカッコいい場所
皆さんも興奮気味
でもゆっくりはしていられませんの

迷いそうになるといろいろな地図アプリを駆使して判断

※遭難している人達ではありません

その後も、一人じゃ絶対に通りたくない、とんでもなくあやしい山道を通って、無事に予定ルートを完歩ですの。よく歩きましたわー!

無事に多摩センター駅に到着ですの
現代の古道をくだって、ビールで乾杯して帰りました

おうちに帰って、あらためて荻窪さんが作ったこの日の資料を見ると、タイトルが“鎌倉古道散歩”ではなく、“鎌倉古道探索”。あぁ、確かに随所に探索だったですわねと納得。初めてのディープな街歩き体験はとっても楽しかったです。

和歌山に行くのに特急くろしおに乗ったお話

先日トラベルWatchさんのお仕事で和歌山県紀の川市に行ったのですが、その時に新大阪から乗り込んだ特急の車内から、鉄の甥っ子カンタ(13)に「今こんなのに乗ってるですのよ~」とLINEで以下の写真を送ったところ、

すぐさま「289系!奇跡!戦闘撮ってくれた?」との返事が。戦闘?あぁ先頭ね。撮ってないと返すと「お願いします!かなりの珍車です」ですと言うんですの。仕方ないですわ、降りたら撮りますわと送ると、「それはかつてのしらさぎを改造した車両です!」だそーで、たいそう羨ましがられました。ものすごいラッキーだねと言われて悪い気はしないのですが、そもそもしらさぎが何であるかも知らないワケで、、、。約束通り降りたらダッシュでホームの端っこまで行って先頭車両を撮ってあげましたとさ。

ニュージーランドツアーレポート第4弾公開ですの

ニュージーランド産のワインはいくら飲んでも絶対に頭が痛くなったり具合が悪くなったりしないので、もしかしたら私はKIWIなんじゃないかと思い始めてきたゆきぴゅーです、おはようございます。
さて、そんなニュージーランドの旅レポが本日トラベルWatchさんで公開になりました。全4本のうちの最後の1本です。それにしても雑誌と違ってウェブ媒体は写真たくさん使ってもらえるのでうれしいですわね。数えてみたら今回のNZ記事では250枚もの写真を掲載していただけました。ひとときもカメラのシャッターから指を離さずにいた甲斐がありましたわ。
最後に、縁あって楽しい旅をご一緒した他媒体の皆さん、ニュージーランドに行きたいですのと言ったら本当に仕事をくださったトラベルWatchのT和田氏、ステキな旅を提供してくださったNZ政府観光局さんに心から感謝申し上げます。ワンダフル、ニュージーランド♬(また行けるお仕事探すですわ~)

『毎日が感動でいっぱい!アウトドア天国ニュージーランドの旅 その4』~国内屈指の観光地クィーンズタウンはアクティビティのメッカですの編~

DSC_0989_1フロド発見!これ、何で作られているかわかりますか?

DSC_0992_1実は大量のゼリービーンズ。

2016-06-05 11.31.25_1
ニュージーランド航空の国内線で食べられるクッキーはおいしい。

DSC_0063_1
名残惜しい南島。さようなら~さようなら~

デジタルカメラマガジン9月号発売

台風一家で再び夏に戻った感じの東京からゆきぴゅーです、こんにちは。
さて、デジタルカメラマガジン9月号が20日に発売になっておりました。『ゆきぴゅーのアニメ聖地探訪』第3回目の今回は『らき☆すた』の舞台・埼玉県春日部市・幸手市周辺を訪れていますの。らき☆すたですわよ、らき☆すた!テレビ放送は2007年らしいですが、皆さま観ていましたか?(私は観ていませんでした)。とっても脱力感ある作品で、1話を初めて観たときは「なんだこれ?」と思いましたが、さすが根強いファンがいまだに聖地巡礼に訪れるというだけあって(しかも海外からも!)なんというか、無心で見続けられる不思議な魔法を持ったアニメ作品だなと思いましたわ。そしてなによりキャラクターが見れば見るほど魅力的に見えてくる!9月4日(日)は鷲宮神社で『らき☆すた神輿』があるらしいですわよ。
そいえば今月号から1万円で行く写真旅っていうモノクロ連載がスタートしています。毎回ゲスト(写真家さん・カメラマンさん)が変わって、リアルに編集部から1万円もらってどこでも好きなところ行って写真撮ってくるって企画だそーで、編集チョーに「ゆきぴゅーもいつか出てね」と言われたので今から楽しみですの。
というわけでデジタルカメラマガジン、ぜひ本屋さんで手にとって見て下さいませね♬

DSC_0092_1
埼玉県久喜市にある鷲宮神社はらき☆すたの聖地中の聖地。らき☆すた絵馬がたくさんかかっていました。

DSC_0113_1

お土産にらき☆すた中濃ソースを買ってきましたの。トンカツにかけて食べています。

DSC_0118_1

鷲宮神社の鳥居横にある大酉茶屋さん。古民家を改造したステキなお店でした。ここでソースを買いました。

 

オーランド・ブルームですの

台風直撃中の東京です。うちの近所の川も危険氾濫水位を越えたみたいで心配ですわ。皆さまもなるべく外出は控えて安全な場所にいましょう。
こんな時ですが、取材記事公開のお知らせです。お世話になっているトラベルWatchのT和田氏から先週「ゆきぴゅーさん、オーランド・ブルームは好きですか?」と突然電話があって「たしかホビットに出ていましたよね?」と。出ているもナニもレゴラスですからー!!!エルフですからーーー!!!と若干意味不明な回答をしたところ「じゃ金曜日取材行きます?ブリティッシュ・エアウェイズのイベントに来るみたいなんですよ」「えっ?生オーランド・ブルームが見られるですのっ?!もちろん行きますわーっ!」
というわけで行って参りました。そしてたっぷり写真撮ってきました。もうイケメン中のイケメンですわ、あの笑顔は生で見るとヤバいですわ、という記事が先ほどアップされましたのでどうぞ。

『オーランド・ブルームさんがブリティッシュ・エアウェイズのボーイング787-9型機就航お祝いイベントに登場』

DSC_0003_1

ニュージーランドレポート第3弾公開ですの

おはようございます。世の中はいよいよお盆休み突入。帰省先や旅行先で見ているという方も多いかと思います。お盆期間中も更新されるトラベルWatchさんで旅の情報をGetしてくださいませね。
さて、そのトラベルWatchさんでニュージーランドツアーの第3弾の記事が公開になりました。またしてもたくさん書くことありすぎて長くなりました。「写真いっぱいください!」と編集部のT和田氏が言ってくれるので、調子に乗って今回は動画もあります。ぜひ最後までご覧くださいませね。THETAで撮った世界一の星空も必見ですの♬

『毎日が感動でいっぱい!アウトドア天国ニュージーランドの旅 その3』世界で最も美しい星空のひとつ!レイク・テカポの星空と絶景の氷河フライト編』
tekapo23_1

ニュージーランドレポート第2弾公開ですの

ニュージーランドプレスツアーの第2弾レポートが本日公開になりました。今回は思い出すだけで胸がいっぱいで涙がでちゃう『ホビトン』編ですの。
毎日が感動でいっぱい!アウトドア天国ニュージーランドの旅(その2)~ホビトンの世界へようこそ編~

何度観たかわからない『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』シリーズ。“中つ国”の舞台となったニュージーランドにある『ホビトン・ムービーセット』に行って来ましたの。そう、あの平和で牧歌的なホビット村、そこは本物のファンタジーの世界そのものでした。フロドがガンダルフを迎えに行く時に走っていった道、ガンダルフが杖でノックしたドア、若いビルボが駆け下りていった坂、ホビット4人が旅から帰ってきて乾杯したパブ、そして6部作ラストを飾るサムの家の黄色い玄関、、、。そこを訪れることができたなんて本当に夢のような体験でしたわ。
DSC03314_1

そしてあんなにステキな料理を目の前にしたのは生まれて初めて。ホビトン・ムービーセットのイブニングツアーレポート、ぜひご覧くださいませね。

ホビトンが書くことたくさんあって、あまりにも長くなりすぎちゃって後ろのほうになっちゃいましたが、超定番の観光地ワイトモ洞窟でのツチボタルツアーのことも書いています。

水着撮影2016のお手伝いですの

去年お声がけしていただいたITmediaデジカメプラスさんの毎年恒例水着撮影のお手伝いに、今年もまた呼んでいただいたので行って来ましたの。メンバーは同じく、編集長さん、カメラマンは荻窪圭さんと三井公一さん。モデルちゃんはオスカーの佐藤杏奈ちゃん。ゆきぴゅーの仕事はおじさん達がやったらセクハラになる、

・モデルちゃんに日焼け止めを塗る
・ビキニ位置の管理
・万が一溺れかけた時の救助隊

など、身の回りのお世話係であります。
去年は日差しが強くて日焼け止め塗り係と日傘持ちに徹していましたが、今年はあいにくの曇り空。しかも気温が26℃くらいと涼しい日で、一度も日焼け止めは登場しませんでした。がっ、全員油断して1日過ごしていたらやっぱりじんわり焼けていた!三井さんなんて頭が皮むけそうだと夕方は真っ赤になっていましたが大丈夫だったのでしょうか。

荻窪さんは相変わらずおもしろいカメラを持っている
無人島に漂着したかのような人達

その三井さんがモデルちゃんをお姫様抱っこして記念撮影した後に「じゃ荻窪さんもゆきぴゅーを」と言うと、「それやったら絶対腰痛めちゃう」とか失礼なことを荻窪さんが言い、「いや、きっと20代のモデルちゃんと比べて骨密度が低いはずだから大丈夫じゃない?」と、もっと失礼なことを言ったのは三井さんです。

水に使ったモデルちゃんお疲れ様でした
穴が大好き荻窪さん

と、そんなことを書こうと思ったのではなく、デジカメプラスの編集長さんが『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』のファンだということがわかり、私がロケ地のホビトン・ムービーセットに行ったのをたいそう羨ましがっておられました。聞けばちゃんと原作をすべてお読みになっている真のトールキン・ファンのようで、最初の100ページくらいで挫折した私なんかが行って楽しんできちゃったのが申し訳ないくらい。とはいえ、「これがバギンズ家の前で撮った写真ですの~いいでしょ~」とiPhoneの写真を見せびらかして自慢するところはしっかり自慢してきました。

この日、三井カメラマンが撮っていたシグマの新しいカメラレビューがさっそく公開されています。こちら

ニュージーランドの記事が公開になりましたの

ブログ更新が怠ってしまい反省の毎日を送っているゆきぴゅーです、こんばんは。気づけばニュージーランドから帰国して1ヶ月が経ってしまいました。あっという間だったのか、長かったのか自分でもよくわかりませんが、撮ってきた写真を時々眺めてはため息ついていたことは事実ですの。それだけ私の心をもっていかれた夢のようなニュージーランドプレスツアーの記事が、このたびようやくトラベルWatchさんで公開になりましたのでご覧くださいませね。4本書く予定のうちの1本です。あとの3本は年内には書きます。ウソです。今月中に書きます!

毎日が感動でいっぱい!アウトドア天国ニュージーランドの旅(その1)

記事と同じ写真を載せても面白くないので、ここでは初出し写真を。
こちらは落ち葉が散ってすっかり秋も深まっていたオークランドの風景。

DSC_0014_1

オークランドは坂の多い街。地図を見ただけではわかりませんわね。
DSC_0017_1

ニュージーランド航空で朝着いて、お腹すいたと言ったら連れて行ってもらったのがこちらのオシャレなベーグル&サンドイッチ屋さん。

2016-05-31 10.03.39_1

陽気なお兄ちゃんが働いていました。DSC02979_1

食べたのはたしかプレーン・ハニー(みたいな名前のやつ)。おいしい生地のベーグルでした。近所に欲しい!

DSC02983_1

オークランド博物館は、最低2時間は欲しい感じの楽しい展示物いっぱいでした。なんというか諸星大二郎の漫画「マッドメン」世界なのです、色々なものが。

DSC03029_1

建物は3階建て。吹き抜けの天井が素晴らしくて思わずパチリ。

DSC03047_1

向こうに見えるのは数時間後に恐怖のアクティビティをやることになるスカイタワー。マジであそこに登ってなんちゃらウォークをやるですの???と遠い目で見ながら撮った一枚。

DSC03044_1

初日の夜はハーバーディナークルーズ。こんな風になるまでワインを飲みました。DSC03107_1

宿泊は格式高いヘリテージホテル・オークランド。どんなに酔っ払っていようが、倒れこむ前にとりあえずお部屋の写真は撮らなくてはいけません。

DSC_0023_1

旅はまだまだ続きます。

タブレットでお絵描きするレビューを書きましたの

ごぶさたしております。ゆきぴゅーです。実は一週間ほどお仕事でニュージーランドに行っておりました。季節が逆の南半球ニュージーランドは現在、晩秋から初冬。ヒートテックやフリースやニット帽をスーツケースに詰め込んでの旅でしたの。
旅のようすはまたあらためてお伝えするとして、出発前に終わらせることができず「向こうで書いて送りまーす」と言って出かけてしまった日本HPのタブレットのレビュー記事が本日PC USERさんで公開になりましたのでご覧くださいませね(リードに書かれている“イラストのプロ”って言葉がこそばゆすぎる・・・)

「画面に直接書けるって楽しい!」イラストライターが2in1「HP Elite x2 1012 G1」のアクティブペンを使ってみた

ちなみに、向こうで書くですわ!と編集さんに言ったはいいものの、毎日アクティビティ三昧でホテルの部屋に戻ると速攻でオチてしまい、結局帰国のフライトの前日に徹夜しながら書くという状況に・・・(ToT) 夜食にとスーパーで買った青りんごかじりながら、頭の中を必死に日本モードに戻すのがやっとでした。やっぱり仕事は終わらせてから行かねば!というわけで、お絵描きタブレットやっぱり欲しいなぁ~
2yukipyu6