ネックピロー


ずいぶん昔に買ったネックピローがこのたびご臨終になりました。フーフーと膨らましてもいつの間にか空気が抜けてしまって、起きた時にとても首が痛いですの(そして周りから見てとても貧乏臭く可哀想に見える)

というわけで!このたびAmazonで買いました!ジャ~ン!!!

 

ベロアっぽい素材の肌触りが気持ちいいこと!そしてイマドキのって、口でフーフーしなくてもいい、手動プレス式だそーです。使うのが楽しみになりましたわ~

伝統工芸にふれる一日ですの

『第34回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会』という少々堅苦しいタイトルの展示会に行って来ましたの。毎年どこかの県で開催されているのですが今年は東京大会ということで11月3日~6日までの4日間、大規模に東京駅周辺で行われました。ちなみにサブタイトルは『~CRAFT CROSSING in TOKYO~』と英語で。こっちのほうが親しみやすくていいんじゃないですの?と私は思いますが、要は伝統的工芸品に指定されている工芸品の製作実演や作品展、展示&販売という国内最大級の伝統工芸品マーケットです。

KITTEの1階アトリウムでの展示

会場となったのは「丸ビル」、「JPタワーKITTE」、「東京ビルTOKIA」、そして「東京国際フォーラム」の4ヶ所。東京国際フォーラム以外はそれほど大きくない展示なのですが、趣向を凝らした見せ方をしていて楽しかったです。中でも素敵だったのが、“暮らしに江戸のエッセンスを”と題したインテリアの展示。現代の生活に伝統工芸品をこうやって取り入れてみては?と、玄関やリビング、書斎などを再現していました。どれもいい感じ!

玄関
リビング
書斎

東京三味線のところには衝撃の展示がありましたの。「三味線の音を決めるのは皮。犬や猫、最近ではカンガルーの皮が用いられます」とあって、猫皮、犬皮、カンガルー皮のそれぞれの音色を聞き比べられるんですの!このボタンの前に立って、違いが判るまで何度も押して聞き入っていたのは私ゆきぴゅーです。ちなみに猫皮が一番高い音が出ておりました。

何回もリピート
壮観!
なんだかミョ~に親近感

会場では町娘風の着物姿のスタッフさんが説明してくれたりして外国人にも喜ばれていたようでしたよ。

着物姿のスタッフさん

東京国際フォーラムはホールB5とB7の2フロアがどど~んと展示会場になっていました。B7のほうは販売もやっていたので大賑わい。オシャレに着物を着こなしている女性や、どうみてもクリエイティブなお仕事してる人ですわよねアナタ?!といった人たちがわんさかいて、お客さんを見ているだけでも楽しかったです。

期間限定ポップアップショップ
東京銀器、山中漆器、江戸からかみのコラボレーション

そんな中、ゆきぴゅーが目をつけたのがこちら。尾張仏具のところにあった木魚ですの。じぃぃぃっと見ていたら「よかったらたたいてみてください」と言われて「いっ、いいんですの?!」とバチを持ってポクポクポク・・・。とてもいい音がしました。

『尾張仏具』の木魚

下級武士の内職から始まったという歴史を持つ『尾張仏具』は今年1月に伝統的工芸品に指定されたばかり。仏壇ではなく仏具が伝統的工芸品として指定されているのは京都と愛知だけなんだそうです。

他にも、秋田の川連漆器では、漆器にしては手頃なお値段の可愛らしいこんな椀セットや、

川連漆器

角館の樺細工で作られた市松模様のお盆にココロを奪われつつも進みます。

お盆欲しい!

江戸木版画(いわゆる浮世絵ですわね)のところでは彫師さんの実演に惚れ惚れ。

彫師さん

浮世絵といえばこんな商品も売っていました。見えないところにオシャレをする、これぞ江戸っ子の粋?!

靴底に北斎の神奈川沖浪裏

写真はないのですが『京表具』のところでは、表具についてのあれこれを職人さんが色々教えてくださいました。驚いたのは、先月行った『ボストン美術館の至宝展』で観た英一蝶の『涅槃図』の修復を、京都の表具職人さんがやっていたというお話。展覧会でその修復風景のビデオを観ましたわ~!と言ったら「それ私どもの職人仲間が行ってやっていたんですよ」と。こんなところでつながるなんてすご~い!と感動しちゃいました。

これも気になった!播州そろばん

ところで私ゆきぴゅーといえば以前、朝日新聞社さんの会員制サイト「アスパラクラブ」で、『ゆきぴゅーの勝手に弟子入り』という連載をしておりました(本も出てます)。毎月1回弟子入りと称して職人さんのところにおじゃましてモノ作りを体験。その中には今回の展示会で見た「江戸簾」や「豊橋筆」、「江戸木版画」などいくつかあります。今日も何人かその頃お世話になった“お師匠様”の名前を目にして懐かしくなりました。またどこかに弟子入りしてみたいな~と思った1日でした。

ゴールデン・レトリーバーを撮りに銚子へ

動物写真家・内山晟先生の『こいぬ』カレンダー撮影のお手伝いで、千葉の銚子に行って来ましたの。前回は2015年9月だったようなので、実に2年ぶりのゴールデンとのふれあい。あぁ、楽しみですわ~♪私は大型犬の子犬が大好きなのです。それを知っているブリーダーの小西さんは、子犬が生まれると内山先生より先にゆきぴゅーに連絡をくださるほど。なんでも今回生まれた子たちはイギリス系ゴールデンの血を引く子だそーですの。というわけでご対面!ジャーン!!!

イギリス犬っぽい顔でございましょ(←ウソ、わたくしにはまったくわかりません)文句なしに可愛いということだけはわかります。しばらくぎゅぅっと抱っこしたり匂いを嗅いだりしてから撮影スタート。

尻尾かわいい

内山先生は相変わらず這いつくばって撮影。チョロチョロと白いのが周りをうろつきます。

撮影:内山先生

ものすごく可愛いカットなのに、私の足が見切れてしまったNGカット。申し訳ありません。

初めて外に出て遊び疲れた2匹は公園のテーブルの上ですやすや。

最後にボーナスカットが撮れて内山先生も大満足のご様子でした。
三食丼

お昼に『浜めし』さんの名物・三色丼を食べて帰ってきた幸せな一日でした。
※ゴールデンレトリバーのご用命はゆきぴゅー『MK HAPPY HEAT』まで。とても良いブリーダーさんです。

鎌倉古道を歩いてきましたの

お友達の荻窪圭さんがFBで「4月中にやらなくてはいけない仕事が終わったのでGWはヒマだー。ヒマだと死ぬー。そういう時は歩くに限る!」と書いていて、鎌倉古道を一緒に歩きたい人を募集していたので、気軽な気持ちで「行きたいですの~」と申し込んでおいた『鎌倉古道探索』が去る5月3日に開催されました。

すっかり古道研究家の肩書が板についた荻窪圭氏(※赤い洋服はおそろいにしたわけではありません)

集合場所の町田駅に集まったのは女性4名&男性4名のまるで合コンっぽい8名。どうやらわたくしだけ、ディープな街歩き初心者のようです。体力はあるから、まぁなんとかなるですわ♬と、デニーズで早お昼を食べてさっそくスタート。町田駅からほぼ真っすぐ北上して、多摩センター駅まで歩くようですの。

なんてことない町田駅前のこの商店街が一級古道とのこと

皆さんが早々に興奮していた看板

トータルで10数kmを歩くと言われていたのですが、旧鎌倉古道と書いてある看板とか、五叉路とか、マンホールとか、そういうものに皆さんいちいち反応して写真を撮りまくるのでなかなか進まないんですの。歩け歩け大会とは違うということをまず実感。世の中GW真っ只中ということで、町田の『最強ラーメンFes』なるものの会場の横を通り過ぎつつ、ぞろぞろと歩きます。

あっちも気になりますわ~
関東ローム層とかなんとか

荻窪さんが用意してくれた地図資料(有料100円)を片手に北上していくと、どう見ても新しい道路を作るためにぶった切ったよねココ!ってな感じの道とか出てきて面白いですの。高低差や地層に興奮したり、かつての川の跡を想像して騒いだりと、わたくしから見ればリアル・ブラタモリ!なのであります。

菅原神社
谷にある民家を上から俯瞰の図
暗渠とかなんとか
だんだん過酷になってきた
おお~!坂のある場所ってステキ(住むのは大変だろうなぁ~)

ようやく三分の一くらい歩いたところで、パン屋さんで休憩ですの。あらかじめこのパン屋さんに寄ることになっていたものの、予想以上に美味しくて、コーヒーもタダで、かなりいい感じのパン屋さんでした。一行、大満足。

休憩した町田のパン屋さん「パンパティ」
ここの人気はカレーパンらしいですわ

再びあるき出します。
「境界マーク」。よくわからないけど皆さん撮っていたので。

・・・・・。

この先にあったものは・・・町田市の指定史跡にもなっている「鎌倉井戸」。新田義貞が鎌倉攻めの時に掘ってお馬さんたちの喉を潤した井戸だそうですの。

「鎌倉井戸」

井戸の前の道はフツーに生活道路として使われているっぽい

このあたりは歩いていると気づかないけれど「七国山(ななくにやま)」という標高128mほどの山だったようです。

府中→所沢→高崎まで続くんですのね~!と感動。

これぞ古道!って感じになってきた
緑がいっぱい
歩き始めた駅前とは大違い
大丈夫でしょうか
右の歩道を行かず、わざわざ草ボーボーの道をゆく人達
看板があるとホッとします
小野路宿里山交流館でひと休み
荻窪さんオススメの場所だとか
小野路宿、初めて聞いた!

この日わたくしが一番感動した場所がこの「切り通し」。切り通しって鎌倉以外で初めて通ったような・・・。竹林に囲まれたタイムトンネルのようなところで、緑に囲まれすぎていて少し暗い感じがこれまた雰囲気バッチリ。目を閉じて大昔の人々の往来を想像するのにいいところです。

ここはとってもカッコいい場所
皆さんも興奮気味
でもゆっくりはしていられませんの

迷いそうになるといろいろな地図アプリを駆使して判断

※遭難している人達ではありません

その後も、一人じゃ絶対に通りたくない、とんでもなくあやしい山道を通って、無事に予定ルートを完歩ですの。よく歩きましたわー!

無事に多摩センター駅に到着ですの
現代の古道をくだって、ビールで乾杯して帰りました

おうちに帰って、あらためて荻窪さんが作ったこの日の資料を見ると、タイトルが“鎌倉古道散歩”ではなく、“鎌倉古道探索”。あぁ、確かに随所に探索だったですわねと納得。初めてのディープな街歩き体験はとっても楽しかったです。

和歌山に行くのに特急くろしおに乗ったお話

先日トラベルWatchさんのお仕事で和歌山県紀の川市に行ったのですが、その時に新大阪から乗り込んだ特急の車内から、鉄の甥っ子カンタ(13)に「今こんなのに乗ってるですのよ~」とLINEで以下の写真を送ったところ、

すぐさま「289系!奇跡!戦闘撮ってくれた?」との返事が。戦闘?あぁ先頭ね。撮ってないと返すと「お願いします!かなりの珍車です」ですと言うんですの。仕方ないですわ、降りたら撮りますわと送ると、「それはかつてのしらさぎを改造した車両です!」だそーで、たいそう羨ましがられました。ものすごいラッキーだねと言われて悪い気はしないのですが、そもそもしらさぎが何であるかも知らないワケで、、、。約束通り降りたらダッシュでホームの端っこまで行って先頭車両を撮ってあげましたとさ。

ニュージーランドツアーレポート第4弾公開ですの

ニュージーランド産のワインはいくら飲んでも絶対に頭が痛くなったり具合が悪くなったりしないので、もしかしたら私はKIWIなんじゃないかと思い始めてきたゆきぴゅーです、おはようございます。
さて、そんなニュージーランドの旅レポが本日トラベルWatchさんで公開になりました。全4本のうちの最後の1本です。それにしても雑誌と違ってウェブ媒体は写真たくさん使ってもらえるのでうれしいですわね。数えてみたら今回のNZ記事では250枚もの写真を掲載していただけました。ひとときもカメラのシャッターから指を離さずにいた甲斐がありましたわ。
最後に、縁あって楽しい旅をご一緒した他媒体の皆さん、ニュージーランドに行きたいですのと言ったら本当に仕事をくださったトラベルWatchのT和田氏、ステキな旅を提供してくださったNZ政府観光局さんに心から感謝申し上げます。ワンダフル、ニュージーランド♬(また行けるお仕事探すですわ~)

『毎日が感動でいっぱい!アウトドア天国ニュージーランドの旅 その4』~国内屈指の観光地クィーンズタウンはアクティビティのメッカですの編~

DSC_0989_1フロド発見!これ、何で作られているかわかりますか?

DSC_0992_1実は大量のゼリービーンズ。

2016-06-05 11.31.25_1
ニュージーランド航空の国内線で食べられるクッキーはおいしい。

DSC_0063_1
名残惜しい南島。さようなら~さようなら~

デジタルカメラマガジン9月号発売

台風一家で再び夏に戻った感じの東京からゆきぴゅーです、こんにちは。
さて、デジタルカメラマガジン9月号が20日に発売になっておりました。『ゆきぴゅーのアニメ聖地探訪』第3回目の今回は『らき☆すた』の舞台・埼玉県春日部市・幸手市周辺を訪れていますの。らき☆すたですわよ、らき☆すた!テレビ放送は2007年らしいですが、皆さま観ていましたか?(私は観ていませんでした)。とっても脱力感ある作品で、1話を初めて観たときは「なんだこれ?」と思いましたが、さすが根強いファンがいまだに聖地巡礼に訪れるというだけあって(しかも海外からも!)なんというか、無心で見続けられる不思議な魔法を持ったアニメ作品だなと思いましたわ。そしてなによりキャラクターが見れば見るほど魅力的に見えてくる!9月4日(日)は鷲宮神社で『らき☆すた神輿』があるらしいですわよ。
そいえば今月号から1万円で行く写真旅っていうモノクロ連載がスタートしています。毎回ゲスト(写真家さん・カメラマンさん)が変わって、リアルに編集部から1万円もらってどこでも好きなところ行って写真撮ってくるって企画だそーで、編集チョーに「ゆきぴゅーもいつか出てね」と言われたので今から楽しみですの。
というわけでデジタルカメラマガジン、ぜひ本屋さんで手にとって見て下さいませね♬

DSC_0092_1
埼玉県久喜市にある鷲宮神社はらき☆すたの聖地中の聖地。らき☆すた絵馬がたくさんかかっていました。

DSC_0113_1

お土産にらき☆すた中濃ソースを買ってきましたの。トンカツにかけて食べています。

DSC_0118_1

鷲宮神社の鳥居横にある大酉茶屋さん。古民家を改造したステキなお店でした。ここでソースを買いました。

 

オーランド・ブルームですの

台風直撃中の東京です。うちの近所の川も危険氾濫水位を越えたみたいで心配ですわ。皆さまもなるべく外出は控えて安全な場所にいましょう。
こんな時ですが、取材記事公開のお知らせです。お世話になっているトラベルWatchのT和田氏から先週「ゆきぴゅーさん、オーランド・ブルームは好きですか?」と突然電話があって「たしかホビットに出ていましたよね?」と。出ているもナニもレゴラスですからー!!!エルフですからーーー!!!と若干意味不明な回答をしたところ「じゃ金曜日取材行きます?ブリティッシュ・エアウェイズのイベントに来るみたいなんですよ」「えっ?生オーランド・ブルームが見られるですのっ?!もちろん行きますわーっ!」
というわけで行って参りました。そしてたっぷり写真撮ってきました。もうイケメン中のイケメンですわ、あの笑顔は生で見るとヤバいですわ、という記事が先ほどアップされましたのでどうぞ。

『オーランド・ブルームさんがブリティッシュ・エアウェイズのボーイング787-9型機就航お祝いイベントに登場』

DSC_0003_1

ニュージーランドレポート第3弾公開ですの

おはようございます。世の中はいよいよお盆休み突入。帰省先や旅行先で見ているという方も多いかと思います。お盆期間中も更新されるトラベルWatchさんで旅の情報をGetしてくださいませね。
さて、そのトラベルWatchさんでニュージーランドツアーの第3弾の記事が公開になりました。またしてもたくさん書くことありすぎて長くなりました。「写真いっぱいください!」と編集部のT和田氏が言ってくれるので、調子に乗って今回は動画もあります。ぜひ最後までご覧くださいませね。THETAで撮った世界一の星空も必見ですの♬

『毎日が感動でいっぱい!アウトドア天国ニュージーランドの旅 その3』世界で最も美しい星空のひとつ!レイク・テカポの星空と絶景の氷河フライト編』
tekapo23_1

ニュージーランドレポート第2弾公開ですの

ニュージーランドプレスツアーの第2弾レポートが本日公開になりました。今回は思い出すだけで胸がいっぱいで涙がでちゃう『ホビトン』編ですの。
毎日が感動でいっぱい!アウトドア天国ニュージーランドの旅(その2)~ホビトンの世界へようこそ編~

何度観たかわからない『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』シリーズ。“中つ国”の舞台となったニュージーランドにある『ホビトン・ムービーセット』に行って来ましたの。そう、あの平和で牧歌的なホビット村、そこは本物のファンタジーの世界そのものでした。フロドがガンダルフを迎えに行く時に走っていった道、ガンダルフが杖でノックしたドア、若いビルボが駆け下りていった坂、ホビット4人が旅から帰ってきて乾杯したパブ、そして6部作ラストを飾るサムの家の黄色い玄関、、、。そこを訪れることができたなんて本当に夢のような体験でしたわ。
DSC03314_1

そしてあんなにステキな料理を目の前にしたのは生まれて初めて。ホビトン・ムービーセットのイブニングツアーレポート、ぜひご覧くださいませね。

ホビトンが書くことたくさんあって、あまりにも長くなりすぎちゃって後ろのほうになっちゃいましたが、超定番の観光地ワイトモ洞窟でのツチボタルツアーのことも書いています。