脳を調べたですの

つい先日、CTスキャンされた古代ミイラのネスペルエンネブウさんのことを書きましたが、その数日後、
こんどはゆきぴゅーが脳のMRI検査を受けることになりましたの。数年前から偏頭痛があって、ちょっと気になりだしたので思い切ってお医者さまに見てもらおうと決意したんですの。まずは問診で症状をいうと
「典型的な偏頭痛の症状ですね」と言われ、「今はよ~く効く薬があるんですよ、例えて言うならばどしゃぶりの雨がサァーっとひいて、青空がぱぁーっと出る感じといわれています」と権威あるおじいちゃん先生がおっしゃるので、
「そうですか、それじゃそのお薬をくださいませ」と言ったら
「でもその前に一度ちゃんと脳を見ておきましょう」ということになったわけなんですの。ただでさえ病院がコワイゆきぴゅー。
MRI装置のある不気味な部屋でブルブルふるえながら順番を待って、シャワーキャップをかぶせられて台に横になりました。検査中、ずっとコンコン、ゴォーンゴォーンという音がして、終始目をつぶって聞きながら閉所恐怖症でなくてよかったと思いました。
すぐ手渡された自分の脳のデジタル画像を持ってまた先生のところに行ってお話を聞くと
「脳はどこも異常ありませんよ」とのことでお薬をもらってホッと一安心の検査でしたの。
それにしても自分の脳みその画像を見るのってちょっと勇気がいりますわね。

シャワーキャップは似合わない